« マルシェで牡蠣を買ってきた | トップページ | 熱い!! »

2010年6月13日 (日)

異常気象

 ヘンな気候が続いている。五月は上着無しでは震えるほどの寒さが続いたり、猛暑になったり。
 六月には天候は持ち直しはしたものの、突発的局地的豪雨が発生している。二日ほど前も、フランス東部でテニスボール大の雹が降り、車や建物の窓が多数壊された。ごくごく短時間の集中豪雨による川の氾濫も報道されている。

 また、今年は蒸し暑い日が多い。上着を着たまま窓を開けて車を走らせていたら汗が出てくるので、車載気温計を見たら32℃と、流石に日本ほどではないにせよ、それでもやはり異常。

 四月中旬のアイスランド火山噴火が何か影響しているのだろうか。

 1783年から1785年にかけて同じアイスランドで二度も火山噴火があり、二酸化硫黄と粉塵と飢饉で、ヨーロッパ全体が苦しみ、フランス革命の遠因ともなったらしい。

 一週間の欧州内航空便完全ストップは、それに比べれば軽微なものとも言えようが、やはり甚大な経済悪影響を残すだろう。そもそも、飛行機が飛ばなかったことによる損失を、いったい誰が負うのだろう。

 日本では直接の被害は大きくなかったんだろうが、富士山は休火山。いつ本気で噴火するか知れない。そうなってしまった時を見越して、我が国政府は備えているんだろうか?

|

« マルシェで牡蠣を買ってきた | トップページ | 熱い!! »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« マルシェで牡蠣を買ってきた | トップページ | 熱い!! »