« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年7月

2010年7月29日 (木)

速度探知機

現在フランス国内に設置されているスピードレーダーの数は、1700台弱。
ぼくの通勤経路には4台あって、何度かお世話になってる。

Camera レーダーはこんな感じ。
こちらでは右側通行。運転者からカメラレンズは見えないが、実は後部から撮影するのが一般的。

昔は正面から運転者と共に撮影するのが普通だったが、すると当然助手席搭乗者まで撮影されるわけで、それはもう、ひとさまの事情によっては、反則金以上の問題を引き起こすことがある。プライバシーの侵害として訴訟に発展し、勝訴した例が実際にあった。
だから、後方からの撮影に切り替えたんだろう。

違反金支払命令書は書留で届き、証拠写真が確認できるwebサイトURLもご丁寧に、併記されている。

このスピードレーダーの数を、更に八百台増やすという計画がぶち上げられた。すると総計二千五百台以上になるんだけど、これ、機械でしょ。これだけの数、定期点検しなけりゃならんよね。ちゃんとやってないという報道もあったんだけど。

高層建築物だとか近代モノ、造るのはそう難しくはないんだろうけど、メンテや撤去のことを予め考えてるのか、他人事ではあるけど、ちょっと気になる。









| | コメント (0)

2010年7月21日 (水)

スト・・・航空管制官

7月20日から、また航空管制官のスト。22日の朝までやるんだとか。
シャルル・ド・ゴール空港発着の20%とオルリー空港発着の50%の便が欠航するらしい。

なにもバカンス入りを狙ってやらなくても、と思うのはシロートの浅はかさ。できるだけ沢山の人を巻き込んでストしないと、意味がない。
でも、流石に、国際便は殆ど飛ぶらしい。

今年に入ってこれで三度目となる航空管制官のストは、欧州全体の航空管制再編成プランに反対するもの。

これまで国ごとに担当していた航空管制を、欧州全体を幾つかのブロックに分けて統一管制化、合理化しようというもの。
目論み通り行けば、航空時間が短縮でき、安全性も高まるとのこと。

フランスの管制官が何故反対するかといえば、その恵まれた労働条件「悪化」を懸念してのこと。

なにしろ管制官といえば、わずか年99日の勤務で月給6500ユーロなのだそうだから。 (ovni紙2010/03/01号)









| | コメント (0)

2010年7月19日 (月)

忙・・・心を亡くしてますです

あまり偉そうに言えたことではないが、業務多忙。ちょー多忙。
今回の赴任は、のんびりできる筈だったんだけど、なあ。
自分でいろんなこと仕掛けてるんで、自業自得と言えば、それまで。
つらつら考えることは多々あれど、狭い自分の脳みその中で完結しちゃって、面白くも何ともない。異なる視点から議論を吹っ掛けてくる、気の置けないパートナーが欲しい。

| | コメント (0)

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »