« フランスの学校休暇 | トップページ | これ、何の花? 続き »

2011年4月23日 (土)

「洋食」の「マナー」

 タイトルが我ながらスゴイと思う。

 「洋食」ですよ、「洋食」。
 殆ど死語じゃない?

 「マナー」も、今や死語か??

 で、ね、
 ガイジンのお客さんを和食の店に案内した時なんか、彼らがたどたどしくであっても箸を何とか使っているのを見て、褒めコトバのつもりでちょいちょい言ってしまうこの台詞。「箸を上手に使えるんですね」

 「洋食」なんて、フォークで突き刺して刃物でゴシゴシ切って食うだけだろ。毛唐は幼稚だからこんな原始的なやり方しか知らないんだとずっと思ってたから、どっか優越感があった。

 でもちょっと待て。
 それ、僭越じゃないかい?
 食事(って、勿論「洋食」)時、オレ、奴らに比べて何だかいつもモタモタしてない?

 肉を切る時
 オレ=ゴシゴシ
 奴ら=すっと一切り

 野菜を食べる時
 オレ=ぶった切って食べる
 奴ら=ナイフとフォークで器用に折りたたんで食べる

 米をフォークに乗せる時
 オレ=フォークを右手に持ち替えて一所懸命すくう
 奴ら=ナイフで押し込むような感じで、ちょっと角度を付けたフォークの腹に集める

 へーと思いつつ、ちょっと真似してみたら、実にスムーズにいくのよ、これが。

 そんなことで深く反省して、ナイフとフォークの使い方を勉強してみるべえかとweb検索したら、日本語サイトに限っての話だけど、もう実に噴飯ものが目白押し。

 一番笑わせてもらったのが、
 「西出ひろ子先生の洋食テーブルマナー講座」
 http://www.youtube.com/watch?v=daMHpuQdIKE&feature=related

 お教えになっていることは別に間違いじゃないけど、けたたましすぎる!
 レストランの中でこのように騒がしくするのが周囲から最も眉をひそめられるということを、ナイフとフォークの使い方以前に、先ず以て教えるべきじゃないかななー。

 その一点だけで、このオバハンの言うことは信用ならんと決め付けて間違いない。

 その他、「洋食」と言うと、すぐ後に「マナー」というコトバでその価値をブーストアップしようとしてるみたいなwebサイトが多いようだけど、「マナー」って、なんだろ?

 もう長くなってしまったのでこの辺で止めるけど、食事なんて楽しくできればそれでいい。
 他人に迷惑さえ掛けなければ、ということと、サーブする人間にきちんとサインを送れれば。

 「マナー」と呼ばれるものは大抵何かしら理由があるもので、それを承知した上でなら、盲目的にどうしても従わねばならない必要性は、あまりない、とぼくは思ってる。

 だけども、まだ知らないことは一杯ある。

 肉をゴシゴシ切るのはマナー違反・・・って、どうしてだろう。そんなこと考えた事もなかったけど、「ゴシゴシ切る=ナイフのきれが悪い」ってことのあからさまな表明。

 いや、ゴシゴシ切りゃなならん店、あります。そういうところではそうして構わないけど、誰かの家へお呼ばれしたり、立派なお店でそういう行動をとると、「あんたん所はロクなナイフを準備してないのね」というデモンストレーションになるということは、覚えておいた方が良いかな。それ、知らんかった。

 野菜はナイフで切らずに畳んで食べるつーのは、よく分からんかったけど、なんでも、銀製食器は野菜に弱いんで(それが酵素のせいなのかどうかは、ゴメン忘れた)、できるだけ切らずに食するんだそうな。これも、知らんかった。

 このblog、いろいろ えらそーに書いてるけど、他にも実は知らんこと、一杯あるはず。

 少年老い易く学成り難し

 いや、むしろ、

 日暮れて道遠し

 か? 

 

|

« フランスの学校休暇 | トップページ | これ、何の花? 続き »

文化・芸術・宗教」カテゴリの記事

食 その他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« フランスの学校休暇 | トップページ | これ、何の花? 続き »