« 今度は Citroen C4 | トップページ | 休暇届 »

2011年6月12日 (日)

パリの居酒屋 れんげ (LENGUE)

 かしこまった食事が苦手だ。
 と言うより、注文する段階で、前菜とメインのコンビネーションを考えるのが面倒なのだ。

 だから、居酒屋が好き。単品簡単料理を適当に追加注文するのが性に合っている。

 これまでの贔屓は「やすべえ (9, Rue Sainte-Anne, 75001 Paris)」だけだったのだけれど、「れんげ」という居酒屋があることを知った。新しい店らしい。

 この店、セーヌ左岸、サン・セヴラン教会の南側の道を西に折れればほどなく見付かる。

20110610

 入口はこんな感じで、うかっとしてると見落としてしまいそうだけど、短い道なので迷うことはない。

20110610_2

 店内はあまり広くないが、古びた感じがいい。
 前身は、パリ市内ならあちこちで見かける小さなレストランかカフェだったんだろう。

20110610_3

 カウンターの向こう側にいるのが料理長。

20110610_4

 どうして居酒屋みたいなもん開店する気になったのと聞いたら、「ひょうたん」みたいなお店、美味しいんですけどちょっとお値段が高いでしょ、自分が行きたくなるような店をだしたくて、との答え。

 パリの飲食店のことはいくつかこれまで書いてきたけど、「ひょうたん」については、書く気になれなかった。

 ここの亭主が言うように、悪くはない。でも価格帯は「居酒屋」を突き抜けている。あそこはむしろ、ビストロだと思った方がいいんだろう。値段のことだけならまだしも、大将が暗かった。常連客には親切だったようだけれど、二度と行く気にはなれない。

 れんげに戻る。給仕してくれる女性は二人ともお美しい。(暗いので写真がブレてるけど)

20110610_5

 そそくさと幾つか注文して、同席者到着前なのを良いことに、ちょっとだけ写真をば。

20110610_6

 「イカの姿焼き」なんてのを見付け、喜び勇んで注文したけど、モンゴウイカみたいな大きなのではなく、さりとてホタルイカほど小さくはなく、みたいなイカだった。少し冷めてたのがちょっと残念。

 一品当たり5ユーロとか8ユーロとか、パリにしてはという前提付きで、お手頃値段。

 店内はいつのまにか満席になっていた。

 アドレス: 31 rue de la Parcheminerie 75005 paris
 電話: 1 4633 7510

 2012年5月追記記事

 「ジパング」という店も、悪くない。

 もっとお手頃価格が望みなら、「中川」へ。

|

« 今度は Citroen C4 | トップページ | 休暇届 »

お食事処」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 今度は Citroen C4 | トップページ | 休暇届 »