« 七十而従心所欲、不踰矩 | トップページ | ヴァンドム広場 Place Vendôme »

2011年11月 9日 (水)

携帯電話はヒトをダメにするんじゃないか?

 馬上 枕上 厠
 この三題が何であるかご存じの方も多かろう。

 考え事をするのに最も適した場所とされている。

 が、高性能携帯電話の普及で、三つの内二つの場所は、最早考え事をする場所ではなくなりつつある。

 勿論、機械のせいではない。使用する側の問題である。

 歩いているときも、駅の階段を上り下りするときもケータイを握りしめてるヤツ、会議中でも時々チェックしてるヤツ。風呂に入るときもケータイ持ち込まないと不安なヤツ。ひどいのになると、人と話してる最中でも、多分着信バイブレーションがonになっているのだろう、ケータイ取りだして眺めるヤツ。

 すべからく馬鹿にしてた。

 が、なんということだろう。フランスに赴任してからは、業務上の都合もあり、遂に自分が携帯電話漬けになってしまった。

 最初は、どこででも細切れ時間に業務連絡のチェックができると喜んでいたのだが、いつしかそれが強迫観念になってきた。
 一服煙草を吸う時間にも、慌ただしくケータイを取り出す自分が見苦しい。

 昔は、バスや電車を待っている間、本を読むこともあればボーッとしてることもあった。それでも、それは主体的な行為だった。ボーッとしてるのが主体的かどうか。しかし、本だけはどんなときも何かしら持っていたのだから、やっぱりそれは選択的ボーッだったのだ。

 ところが今では、その空白をなんとかして埋めようとしている自分を訝る。
 いや、主体的に埋めようとするのではなく、その時間を半ば機械に任せてしまっているような気もする。あっち側から情報が飛んでくるのだから、こちらは受け身。ある意味楽だとも言える。

 手持ち無沙汰なときは無沙汰なりに、細切れ時間の中で何かしら考えていた。あの空白時間というのは、実はとても貴重なものだったような気がする。

 画期的な発明発見というものは、ひょっとしたら今後、どんどん少なくなっていくのではないだろうか。

 自分を基準に考えちゃいかんのだろうけど。

|

« 七十而従心所欲、不踰矩 | トップページ | ヴァンドム広場 Place Vendôme »

暮らし、雑感」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 七十而従心所欲、不踰矩 | トップページ | ヴァンドム広場 Place Vendôme »