« ムンクはやっぱりヘンな奴だった ポンピドゥーセンターにて | トップページ | Merry Christmas! Joyeux Noël ! »

2011年12月24日 (土)

イヴ eve って、何だ?

 明日はクリスマス・イヴ。

 イヴって、何なのかね。アダムの肋骨で造られたのがeve。エヴァとも言うらしい。

 eveの付く単語。even、ever、forever。

 eveningというのが、even+ingだとすれば、日が暮れてしまった後は、もう次の日と同じなんだよという意味なのだろうか。

 蛇に唆されてリンゴを喰って、アダムにも勧めた咎で「罰として出産の苦しみを負え」と神様に叱られた存在から派生してきた単語とは、ちと思いにくい。

 ウィキペディアの「イヴ」(http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%83%B4)によれば、

 イスラエルの書物『ベン・シラのアルファベット』によると、イヴではなくリリスがアダムと同時に同じ塵から作られ、アダムの最初の妻となったとされている。さらにリリスは平等を要求し、性交時にアダムの下になることを拒否したと記述されている。

 アダムが彼女を自分の下にしようとすると、彼女はエデンから空に逃亡し、そこで悪魔と性交して妊娠し、1日に100人以上の子を産んだ。神は3人の天使を遣わせ、天使は彼女がアダムの元に帰ることを拒否すれば子供を殺すと脅した。しかしリリスは拒否したため、神はアダムの肋骨からイヴを作り、アダムの後妻とした。 

 なんだって。

 アダムの下になるのはevenではないと怒ったのがリリスなのだろうか。そのリクエストに応えて造られたのがエヴァであったのだろうか。

 どっちにしても、この「イスラエルの書物」は西欧世界の大多数の協賛を得ているわけではない。

 キリスト教徒は未だに、エヴァはアダムから造られた付随的なものであると、子供の頃から教え込まれているということに、日本の女性の皆様はもう少し関心を払っても良かろうかと思う。心情的に感情的に受け入れられようがどうであろうが、これは争うことのない事実なのだ。

 さりながら、もし、エヴァとevenの語源が同じだとするなら、それは実に興味深い話ではある。

|

« ムンクはやっぱりヘンな奴だった ポンピドゥーセンターにて | トップページ | Merry Christmas! Joyeux Noël ! »

文化・芸術・宗教」カテゴリの記事

暮らし、雑感」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ムンクはやっぱりヘンな奴だった ポンピドゥーセンターにて | トップページ | Merry Christmas! Joyeux Noël ! »