« 財布に優しい韓国料理 AHSSI | トップページ | 常連さん »

2011年12月 7日 (水)

フランス人気質 お気楽運ちゃん、お気楽空港

 フランス中部へ飛行機で行くために、タクに乗った。

 ロワッシー(ド・ゴール空港)terminel 2ーG、と告げると、運ちゃん走りながら、川沿いの道使う?と聞いてきた。

 あんなー、お前プロだろが!どの道が一番早いか考え-!!と怒鳴りたくなったが、ぼくもオトナである。自分ならパリ中心をまっすぐ北へ抜けるけどねと言うと運ちゃん、ほな、そうするわと方向転換。それならさっきの道を左折した方が早かったやないかー。

 意識してなのか、ホンマに分かっとらんのか、ともかくこれで2ユーロ分くらいは遠回り。

 シテ島からパリのど真ん中を北にまっすぐ上がるセバストポール通りの突き当たりがパリ東駅。その名の通り、フランス東部方面路線の総元締め終着駅である。

 その駅手前で信号待ちの最中に、運ちゃん、それまでもごちゃごちゃケータイをいじっていたのだが、ここで駅の写真撮影開始。

 こいつ、田舎モンか?と訝ってたら、
 「いや、ね、今日、この後この駅で、知り合いと待ち合わせやねん」 

 知らんがな!ほんで、駅の写真撮ってどうすんねん!あ、まだケータイいじっとる。やめんかい!

 内心「怒」を抑えつつ、あ、そうと、ぼくはまたまたオトナの対応。我ながら成長したもんだ。

 これからどこへ行くの、と運ちゃん、一旦英語で話しかけてきて、あ、アンタ、フランス語喋るんやったなと、途中でコトバを切り替えて聞いてきた。

 クレルモン・フェランへ行くのだというと、ほう、産業の街やんか、と言う。
 そーかー?ミシュラン本社はあるけど、それ以外に何があったっけ。ミネラルウォーターのヴォルヴィックくらいじゃないか?

 行き先を聞いた運ちゃんは、またもやケータイをいじり始めた。もーええ加減にやめんかい!

 と、彼は、あんたが乗るのは12時35分発のフライトやな。運行に変更があったら連絡が入るようにしといたで、と言う。空港案内サービスをセットしたらしい。

 あのな、ウチを出る前に一時間遅れるとか分かればありがたいが、わし、もうタクに乗ってんねんで。今更遅延が分かってどーせーっちゅうねん。
 それとも、なにか?フランスではしばしば飛行機は定刻より早う出ることがあるんか?

 それから彼は、これがあんたの乗る飛行機やと、機材の写真をケータイで見せてくれた。
 ありがとうよ。

 運ちゃんは、ぼくを空港まで送り届けたら今日の仕事は終わりで、午後は東駅に着くcopine(女友達)のパリ観光案内をするのだと言った。

 「で、ね、さっき彼女から、どこにいるのかと連絡が来たから、お客さんを乗せてるところだって返信したら、あまり遠くに行かないようにとメッセージが来た」と、嬉々として話す。

 おまーなー、客の目盗んでe-mail交信なんかせんと、ちゃんと運転せんかいっ!
 お相手はdemoiselle(若い女性)だとさ。

 ともかく、霧が深い中、無事空港ターミナル着。

 ド・ゴール空港のターミナルGは他のポピュラーなターミナルから少し離れたところにあり、造りも違う、近距離便専用。近距離と言っても、ジェノバとかフィレンツェ行きもここで離発着する。要は小振りな飛行機専用。

 このターミナルでは税関を過ぎた後にも喫煙室がある。忘れとった。それならもっと早く入っておいて、PCで仕事するゆとりがもっとあったのに。

 搭乗ゲート案内板を見ると、予定のフライト番号横には「on time」とある。
 霧が深いので遅れるかと思っていたが、そうでもないらしい。AIR FRANCEも、やる時はやるやないかと、ちょっとだけ賞賛。

 が、しかーし。
 いつまで経っても登場ゲート番号案内の表示は出ず、「on time」だけがが空しく光り続けている。

 12:35分のフライトだから、もうそろそろ表示がないといかんだろがと、12時過ぎからちらちらボードを見てたら、12時半になって突如、出発時刻が「12:55」となった。

 どこがon timeじゃ!五分前にならな分からんのかい!
 と怒ってもはじまらない。長距離列車でもよくある話だもんねと、ぼくは三度目のオトナを決め込んだ。

 ん?ちょっと待て、ホンマにオトナか?
 純粋日本人の目から見れば、ここまで来るとむしろ、「マヒ」と呼ばれんか?

 満席に近い乗客を乗せ、機体はようやく滑走路へ行き、そこで停まった。

 窓から外を見ると、どうやら出発順番待ちの飛行機が3台ほど既に待機しているようだ。

 そのうちの一機がごそごそと滑走路に入り、飛びっていった。

 その機影が見えなくなってしまってから漸く、二機目がのろのろと準備を始める。

 おまーら、シカゴのオヘア空港を見習え。あそこでは離陸待ちの飛行機が行列を作って、前の飛行機が離陸するや否や次の飛行機がすかさず滑走を始めてたぞ。

 ようやくぼくの乗った飛行機の番になった。

 が、まだ滑走路に入らない。

 業務車両が滑走路を斜めに悠々と横切っていく光景が見えた。

 そーゆーとき、業務車両は飛行機に優先権を渡すんとちゃうんかい!

 さすがに四度目のオトナにはなれんかった。

 が、
 パリである。
 なにしろ、
 フランスである。

 この程度のことで一々腹を立てていては、最後に憤死するより他に手立てはなかろう。
 無事に飛び立っただけで、良しなのである。

 あ、やっぱり、わしマヒしてるのかね。

|

« 財布に優しい韓国料理 AHSSI | トップページ | 常連さん »

交通事情」カテゴリの記事

暮らし、雑感」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 財布に優しい韓国料理 AHSSI | トップページ | 常連さん »