« 洋食の「マナー」 肉を最初に細切れにするのはマナー「違反」? | トップページ | パリのうどん さぬき屋 »

2012年2月26日 (日)

きらきら星 の作者はモーツァルトではない!

  “Twinkle, twinkle, little star”との英語の歌詞でも知られている「きらきら星」、もとはフランス人、Jean-Philippe Rameau ジャン・フィリップ・ラモーという、江戸時代の方の手になる歌らしい。

 原題は、Ah! vous dirai-je Maman!

 オリジナルの歌詞はどんなもんであろうか。
 できるだけ日本語でも歌えるように訳してみたので、こぞって唱和して頂きたい、

ママ、打ち明けるわ
私の悩み
私を見つめるあの人の
優しい瞳に会ってから
私の心は絶え間なく
愛無しで生きられぬと言うの

ある日小さな森の中
彼は花束を作って言った。
「亜麻色の髪のお嬢さん
 花の女神のフローラも
 愛の神のキューピッドも
 君の前では形無しだ。

 魅惑として生まれた君よ
 楽しみ、愛することを知れ。
 君は青春の中にいる
 他人がどうこう言おうとも。
 徒に時を過ごすなよ。
 今が一番大切なときさ」

私は顔を赤らめて、でも
私の心と裏腹の
溜息を 彼は見逃さず
私の弱さに付け込んだ。
そうなの、ママ、私は躓いて
彼の腕(かいな)に身を投げた。

私を支えてくれるのは
犬と小さな杖だけだった。でも
愛の神キューピッドは
その二つを共に遠ざけた。
愛に心を奪われた時
人は甘美を味わうものね。

 さすが、フランスであります。

 原文は

Ah! vous dirai-je Maman,

Ce qui cause mon tourment.
Depuis que j'ai vu Sylvandre
Me regarder d'un œil tendre,
Mon cœur dit à chaque instant,
Peut-on vivre sans amant ?

L'autre jour dans un bosquet,
De fleurs il fit un bouquet,
Il en para ma houlette
Me disant :"Belle brunette,
Flore est moins belle que toi,
L'amour moins tendre que moi. "

"Étant faite pour charmer,
Il faut plaire, il faut aimer;
C'est au printemps de son âge,
Qu'il est dit que l'on s'engage.
Si vous tardez plus longtemps,
On regrette ces moments."

Je rougis, et par malheur,
Un soupir trahit mon cœur.
Le cruel avec adresse,
Profita de ma faiblesse;
Hélas! maman un faux pas
Me fit tomber dans ses bras.

Je n'avais pour tout soutien
Que ma houlette et mon chien;
L'Amour voulant ma défaite,
Écarta chien et houlette.
Ah ! qu'on goûte de douceur
Quand l'amour prend soin du cœur.

 この歌、ぼくの知識ではちーと分かりにくいところがある。

 タイトルの「vous dirai-je Maman,」。

 直に訳すと、「母さん、あなたに言いましょう = 聞いてちょうだい」とでもなるのかな。

 二人称代名詞に、尊敬語の vous を使っている。現代なら家族間のことなのだから、tu を使うはず。

 日本でも、やんごとなき方々のご家庭におかれては互いに尊敬語をお使いになっていたようなので、同じような事情なのだろうか。

 もしそうだとするなら、この歌詞のタイトルは、

 「お母様、申し上げます(聞いて下さい)」

 とでも訳さねばならなんかなあ。

 でも、それなら、Maman ではなく、ma mère でなければならない。

 maman の最初のmが大文字で書かれているところがミソなのかな。

 この辺りの解釈、ご存じの方が居られましたら、お教え下され。

 で、どーでもよいことなのだが、「ママン」という単語に最初に出会ったのは、新潮文庫の「異邦人」(カミュ)だった。
 「きょう、ママンが死んだ」で始まる。

 その「ママン」に注釈が付いていた。明確に覚えてはいないが、この語はお母ちゃんと言った意味合いで、主人公が乳離れしていないことをあらわすというようなことが書かれていて、それなら「ママが死んだ」って書けばいーじゃねーかと心の中で毒突いた記憶がある。

 

|

« 洋食の「マナー」 肉を最初に細切れにするのはマナー「違反」? | トップページ | パリのうどん さぬき屋 »

文化・芸術・宗教」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 洋食の「マナー」 肉を最初に細切れにするのはマナー「違反」? | トップページ | パリのうどん さぬき屋 »