« 人別帳 | トップページ | フランス下院選 ロワイヤルSégolène Royal 敗れる »

2012年6月17日 (日)

運転免許取得

 三年八ヶ月日本を留守にしていたので、免許が切れている。

 よって、住民票がとれたなら、次は運転免許。これがないと車が買えん。

 簡単に更新できると思ってたら、自分の大きなチョンボで、ちょっとだけ面倒になってしまった。

 フランス滞在中にパスポートを更新していたが、引越のどさくさで旧い方を無くしてしまっていたのだ。

 期限切れの期間中に日本にいなかったという証明は、税関のハンコのみで、それがなければ失効免許の更新はできないらしい。従って、旧パスポートは必須。

 係員が言うには、税関に請求すれば出入国記録を出してはくれるが、多分偉く時間が掛かるやろなとのこと。

 ならば、フランス免許からの切り替えにするしかない。

 しかーし、国外免許からの切り替えには、翻訳証明というものが必要になっていた。その翻訳証明はJAFで取ってこいとのことで、その日はすごすごと引き下がった。
 二十五年前は「こういう免許です」と自分で書いて持って行けばよかったんだが。

 後日出直して、切り替え手続きに入ると、「新規免許扱いとなる」と告げられた。

 つまり、若葉マークを一年間付けないと、道路交通法違反となる。それから、8tトラックは運転できなくなる。

 そういや二十五年前も、ホンダ・アコードに若葉マーク付けて走ってたっけ。

 仕方なかろう。

 フランスの免許には125ccバイクが付いているが、どうするかと聞かれた。

 それ、知らんかった。付けられるものなら付けておきたいが、三千円余分に掛かるという。

 これから節約生活せなならん身。いりません。

 その後は目の検査があっただけで、実にスムーズに免許証発行とあいなった。

 不注意でいらぬ手間と費用が掛かったという、お粗末の一席。

 

|

« 人別帳 | トップページ | フランス下院選 ロワイヤルSégolène Royal 敗れる »

暮らし、雑感」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 人別帳 | トップページ | フランス下院選 ロワイヤルSégolène Royal 敗れる »