« 何語で言えばいいかな?自分を護ってね  | トップページ | 米国での天然ガス価格は1年前の半額 »

2012年7月29日 (日)

「人工光合成を植物並み高効率に」の記事に思う

 パナソニックが、植物とほぼ同等の効率で人工的に光合成する技術を開発したそうだ。(日経電子版  2012/7/29付)

 人類が宇宙良好をするには宇宙船内で酸素を作り出す機構が必要で、そのためには光合成の技術が不可欠だと教わったのは、多分週刊少年マガジンだったろうと記憶する。

 ぼくが読み始めた頃の少年マガジンは一冊四十円。あんパンが一個十円くらいの時代だから、結構高額だったんだなぁ。

 ぼくはマガジン派でサンデーはあまり読まなかったが、いずれにせよあの頃の少年漫画雑誌には、必ず科学ものや歴史もの、探検ものなどが口絵を飾っていた。

 21世紀には世界はこんな風に変わっているだろうという未来ものがぼくは大好きで、そういう特集の時は心を躍らせて眺め見入っていたものだ。

 そして、そこに描かれていた「未来」は次々と現実のものとなっている。

 まだ実現していないのは、空飛ぶ自家用車と、恒星間宇宙旅行、全ての病気を治す医療技術くらいじゃなかろうか。あ、海底都市もまだだな。

 今にして思えば、漫画雑誌といえどもそこには、将来を担う子供たちの眼を未来へ、過去へ、そして見知らぬ地平へと誘う方針が明確に貫かれていた。

 そこに描かれていた世界を深く心の奥に沈殿させ、大人になってその方面で才覚を花開かせた人々も決して少なくはあるまい。

 今、ビジネス界のオトナにとって、コドモはいったいどういう存在なんだろう。

 訳も分からぬままに電子機器のボタンを押させて小銭を巻き上げたり、むやみに高いものを売りつけたりする、金儲けの対象でしかないんだろうか。
 もしそうなら、悲しいことだ。

 ぼく自身は一角の人物にはなれなかったけど、これから先、昔自分がワクワクしたような思いを子供たちに伝えていけるような場があればいいなと思ってみたりすることもある。

 え?アンタみたいな危険思想の持ち主に子供は預けられませんって?

 御意にござりまする。

 頓首叩頭

 

|

« 何語で言えばいいかな?自分を護ってね  | トップページ | 米国での天然ガス価格は1年前の半額 »

暮らし、雑感」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 何語で言えばいいかな?自分を護ってね  | トップページ | 米国での天然ガス価格は1年前の半額 »