« 煙草のポイ捨てが無くなる?パリ | トップページ | パリのパーキングメーター »

2012年7月11日 (水)

日本の電車って、やかましくない?

 日本の電車やバスの車内アナウンスを煩しいと思う日本人は、ぼくだけなのだろうか。

 駅から出発するやいなや、ご親切のオンパレード。

 「お待たせしました、この電車は○○行きの・・・」 「まもなくカーブにさしかかります・・・」 「お待たせしました。まもなく××駅に到着です。お手荷物などお忘れならぬよう・・・傘の忘れ物が大変多くなっております・・・」 「この電車は△時□分発○○行き普通列車です凸凹駅へは後から参ります快速が先に到着いたします」

 もう、ひっきりなし。カラオケボックスで、一旦マイクを持ったが最後離さんぞ的感覚。

 分からんのは、「この電車、あと一分少々で発車いたします。ご乗車になってお待ち下さい」って、車内にアナウンスしてどうすんねん!

 思えば四半世紀前、パリ近郊の電車で車内アナウンスを聞いたことは殆ど無かった。アナウンスどころか、出発のベルもなく、定刻になると電車はいきなり動き出した。

 三年半前にパリに来た時に軽く驚いたのが、列車の出発時に合図の音が鳴るようになっていたこと。TGVの普及と関係があるのか無いのか。

 パリ市内では駅の構内も静かなものだが、ディズニーランドへのRER線では、スリに気をつけろ、持ち物に気をつけろとテープが回っている駅があることは以前に書いた。

 最初の頃は親切で警告してるのかとも思ったが、案外そうではなくて、そういうお仕事をなさる方だけでなく、そういう育ちの面々がわんさか集まってくるのを防ぐためなのかもしれない。

 駅と電車の騒音に関してだけは、フランスを懐かしむ。

 とはいえ、パリを走る車両は汚いししょっちゅう遅れるし、あまりお近づきになりたくない連中の数は多いし。

 

トータルで見ると、どっちこっちかなあ。

 
 

 

|

« 煙草のポイ捨てが無くなる?パリ | トップページ | パリのパーキングメーター »

暮らし、雑感」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 煙草のポイ捨てが無くなる?パリ | トップページ | パリのパーキングメーター »