« ヒステリック嫌煙 その2 | トップページ | 日本に戻ってホッとしてること その2 »

2012年7月 8日 (日)

日本に戻ってホッとしてること その1

 それは、街に出てもトイレに不自由しないということである。

 長期に渡ってこのblogに訪れて頂いている方の中には、なんでレストラン紹介の中にしょっちゅうトイレの写真を出すねん!と、訝る声もあろう。

 トイレに目配りが行き届いていないような店は、たとえ、店の設(しつら)えとか料理の見てくれが良くても要注意、というのがオフィシャルな回答ではある。

 が、どうも、パリ市内でトイレに不自由していたというトラウマが自分の根底にあるようだ。

 ちょいとばかりもよおした時、日本なら近辺の大型の店に飛び込めば大抵コトは済む。が、パリでは、そしてフランス全土、そーゆー気軽な場所は、あんまりない。

 ある日、日本からの出張者をドゴール空港へ送っていく途中でどうにも辛抱できぬようになって、道ばたの量販店に飛び込んで「トイレどこ?」と聞いたら、「ない」と冷たく返された。

 従業員いっぱいいてるやないか。こいつら朝から夕刻まで糞も小便もせえへんのか!ないわけがないやろが。ま要するに使わせてやらんということである。

 この先空港までもたせるのは絶対無理。最早他に手段はない。白昼、小さな路地を探して立ちションベンを敢行せざるを得んかった。通行人が何人か背後を通り過ぎたが、一旦出始めたものを止める術はない。

 で、この出張者一行には、後々まで笑いものにされたが、そんな失敗は駐在員にはつきものなので、一々気にしてられん。

 自分一人ならカフェに飛び込み、コーヒー杯の注文で用を足すというのはアリだが、日本からの客人がいると、そうもいかない。

 エクスカーションツアーでも、日本人主体でなければ、トイレ休憩はあまりないらしい。参加したこと無いので、はっきりとは知らんけど。

 西洋人主催の長距離観光をされる折は、コーヒーやビールをあまり大量にお召しにならない方がよろしかろう。


 

|

« ヒステリック嫌煙 その2 | トップページ | 日本に戻ってホッとしてること その2 »

暮らし、雑感」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ヒステリック嫌煙 その2 | トップページ | 日本に戻ってホッとしてること その2 »