« フランス人気質、陰険で差別的? その2 Rémi GAILLARD | トップページ | OGM (GMO genetically modified organism) 遺伝子組み換え作物 »

2012年9月23日 (日)

暴動 その3

 尖閣諸島国有化で、「同時多発テロ」も裸足で逃げ出しそうな中国全土で一斉に起こった日本企業に対する打ち壊しと略奪。

 日本車に乗っていた中国人が車外に引きずり出され、自分は中国人だと訴えたにも拘わらず頭蓋骨陥没の重傷を負わされたという、訳の分からん事態まで引き起こしている。

 「だから中国人は!」と憤った人は、ぼくを含め多数に上るだろう。

 がしかし、週刊文春に読み捨てならない記事が載った。

 尖閣問題で、八月末に山口副大臣が首相の親書を中国側に手渡し、中国側から何らかの提案があったらしいが、それに応えることなく島の国有化が決定されてしまったというのである。

 親書に何が書いてあったのか、中国側から本当に何か提案があったのかどうか、ぼくに分かるはずもないが、「もしもそれが事実なら、提案内容が如何なるものであれ」、事態を見る目はがらりと変わる。

 他のマスコミからは、その点を突いた論評は何も出ていないようだ。

 所詮週刊誌の与太話として片付けられるのか、それとも何かが隠されてるのか。

 マホメットの戯画に対するイスラム圏の騒ぎは続いてはいるが、無茶な動きは収まったようだ。

 それでもチュニジアのフランス人学校は閉鎖。チュニジアにはフランス人が三万人住んでいるという。

 あ、そうか、モロッコとかアルジェリアとか、フランス人が多数移民している国は沢山あるんだ。これまでフランス本土に流入してくる移民を問題視する視点しか持ってなかったけど、それなら相身互いじゃないか。カネを持ってるかびんぼー人かの違いはあるにせよ。

 殺伐とした話題の中、こういうデモもあるんだぁ!

Femministe  

Femministe23jpg

Femministe2

 女性解放運動らしいけど、画像に見とれてたんで、どういう主張であったのかは聞き漏らしました。

 

 

 

 

|

« フランス人気質、陰険で差別的? その2 Rémi GAILLARD | トップページ | OGM (GMO genetically modified organism) 遺伝子組み換え作物 »

ニュース」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1205954/47177623

この記事へのトラックバック一覧です: 暴動 その3:

« フランス人気質、陰険で差別的? その2 Rémi GAILLARD | トップページ | OGM (GMO genetically modified organism) 遺伝子組み換え作物 »