« 畑の真ん中でTGVから降ろされた話 | トップページ | パリの陰の地区、18区 »

2012年9月10日 (月)

採用募集年齢制限

 採用募集広告なんかで、三十代前半までなどと記されているのを見ると、こと女性の採用に関しては逆なんじゃないかなと首を捻る。

 むしろ四十後半以降の方が良いんじゃないかと思うのは、四半世紀前のフランス勤務時代でのトラウマがあるからなのだろう。

 新規採用で入ってきたその女性は一種独特の雰囲気だった。幸い当時のぼくの管轄外の部署だったので、業務上の接触はなかった。

 ほどなく、彼女は既に妊娠していたことが分かった。大した仕事もせぬまま、それから数ヶ月後、出産前後合わせて、彼女は一年近くの「休暇」に突入した。

 出社してからすぐにまた彼女は妊娠した。同じ過程が繰り返され、そしてあろうことか、その後三度目までも。

 三人目を出産して産後休暇を目一杯とった後、彼女は会社を辞めた。

 確信犯だったとしか思えない。三度とも、出産後休暇延長の届け出は期限ぎりぎりになってからしか出てこなかった。

 出産休暇の正社員女性は元の職場に復帰する「権利」があるので、その間は臨時社員で賄わねばならない。臨時社員と言っても、募集を掛けたら明日それなりの人間が来てくれるわけではない。

 ほぼ三年間、彼女の担当業務は混乱し続けた。

 横目で見ていたぼくはこれにすっかり懲りて、二度目のフランス勤務の時には、女性を採用する場合、できることなら四十代後半以降が望ましいと言い渡したのである。

 出産というのは、人類という大きな枠組みの中で見れば大事なはたらきではあるのだが、小さな会社の経営者にとっては、はっきり言わせてもらえば大きな障害なのだ。

 そこを何とか遣り繰りしようとしているところへ、そのような裏切り行為を歴然と見せつけられると、たった一つの例でも、「だから女は!」と(概括的に)言いたくもなる。

 大阪のオフィスで勤務していた二十代の若造だったころ、同じ職場で実は似たようなことがあった。

 ベテランの女性が結婚した。

 女性が結婚すると、何の疑いもなく「寿退社するの?」尋ねても何の問題もなく、また、妊娠出産を機に女性が退職するのはほとんど当然視されている時代だった。

 結婚後も仕事を継続し妊娠した彼女は、出産後も働くと明言した。

 無事出産後、いつ復帰するのかとの問いかけに適当な言い訳で、これも目一杯休暇を取得し尽くした挙げ句、彼女は退職届を出してきた。

 彼女の仕事を分け合って分担していた連中、特に女性たちからは、怨嗟とも非難とも付かない声が出た。当時、中途採用は一般的ではなく、穴埋めのための採用は更に次の春まで待たねばならなかったからだ。

 だから、オンナってヤツは!

 次の春だったか翌々年だったか、新人女性三名がぼくらの職場に配属された。その中の一人は「デブで、ブス」だった。

 その「デブでブス」は幸いぼくのチームではなかったので、ぼくはできるだけ彼女を視界に入れないようにしていた。

 ある日彼女が泣きながら仕事していた。「この程度のことが分からなくて、悔しい」と呟いていた。ミスを指摘されたのか、一旦学んだ筈のことを思い出せなかったのかは詳らかでない。

 彼女はその時、真っ赤な鬼瓦のような顔をしていた。「デブでブス」が凄い形相で書類をにらみつけ、涙を流しながら格闘していたのだ。
 ぼくの眼から、がらがらばりばりと音を立てて剥がれ落ちていくものがあった。

 それからぼくは、少しばかり彼女に注意を向けるようになった。そして、彼女は同期の連中よりも遙かに速く多くの仕事をこなし、その大きな体躯にも拘わらず機敏に動いていることが分かってきた。時々ミスを叱られてもめげることなく、彼女はいつも朗らかであることも。

 同じフロアに、色白おちょぼ口でちょっと下ぶくれの、アメリカ漫画Bettyちゃんみたいな可愛い系美人がいた。わりとエエやんかと眺めていたのだが、それ以来その可愛い娘ちゃんが、ちょっと色あせて見えるようになった。

 そんな経験を経て、「同じ採用するなら、ババアがええ」と申し渡したのである。

 採用責任者は「それでもやっぱり、若くて可愛い女の子の方が、職場に華があってええんとちゃいまっか」と言う。

 アカン、無能で可愛いだけのオンナは、何しろフランスである、最も鬼門。必ず社内に面倒を引き起こす。

 それ、ひょっとして、可愛い娘を葡萄に見立て、「あの葡萄は酸っぱい」と立ち去っていくイソップ童話の狐さんと同じ心境とちゃいまんの?と重ねて問われたならば、さて、どう応じていたであろうか。

 

 

 

 

|

« 畑の真ん中でTGVから降ろされた話 | トップページ | パリの陰の地区、18区 »

暮らし、雑感」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1205954/47027711

この記事へのトラックバック一覧です: 採用募集年齢制限:

« 畑の真ん中でTGVから降ろされた話 | トップページ | パリの陰の地区、18区 »