« フランスの年金 | トップページ | 長寿の秘訣 »

2012年9月 4日 (火)

健康診断

 ウチの会社では、海外勤務から復帰したら健康診断を受けるキマリとなっている。

 その結果は本人と共に産業医にも通知される。

 検診結果を見ると、眼底に動脈硬化ありとか、超音波診断によれば腎臓に陰が、とか何とか、なんだか「要経過観察」項目がずらりと並んどる。

 これまで、「気ぃつけや」マークが付くのは一つか二つくらいしかなかったので内心ちと焦ったのだが、産業医曰く、「ま、この歳になればこんなもんですな」。

 血圧の上の方が100を割っているので、「わし、低血圧とちゃいまんの?」とこちらから尋ねたら、たちくらみとかいった自覚症状がない限り、ええねん、ということだった。

 酒と煙草がこんな量でこの数値なら、概ねええんとちゃいますか、とも。

 この産業医、さばけてると言って良いのかどうか、「産業医の役割は、社員が六十まで健康なら、それでOK」と、なんちゅーこと言うねんと思いはしたが、

 「八十、九十まで生きようと思うから、いろいろ悩む。昔みたいに寿命は五十、六十と思ってりゃ、どっちゅうことない」とのご託宣、これにはなるほどと恐れ入った。

 健康で長生きしたいと願うのは人の常と言うが、ほたら、何歳まで生きたら満足かと問われて即答できる人はそう多くは無かろう。

 ちょっと虚を突かれた。

 わし、まだ、修行が足らんようだ。

 

 

 

|

« フランスの年金 | トップページ | 長寿の秘訣 »

暮らし、雑感」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1205954/46953051

この記事へのトラックバック一覧です: 健康診断:

« フランスの年金 | トップページ | 長寿の秘訣 »