« 税金上がる、物価も上がる、フランスも住みにくくなってきた? その2 | トップページ | ワイン »

2012年10月 5日 (金)

税金上がる、物価も上がる、フランスも住みにくくなってきた? その3

 10月1日からまた煙草の値上げ。フランスでの煙草価格は今のぼくには関係ないとはいえ、何となく気にはなる。

Photo

 十年ほど前は一箱3.2ユーロだったのが、6.6ユーロになった。

 四半世紀前のフランスは欧州でも最も煙草の安い国の一つだったのに、

Photo_2

 そういや二年ほど前、ヴァカンスでスペインに行くから煙草を買ってきてあげようかといってくれた従業員がいたなあ。

 パリ地下鉄のバルベス・ロシュシュアール駅では、何故だか煙草を売っている連中がたむろしている。駅の出入り口や階段で彼らが手にしているのは、これも何故か、決まってマールボロ。

Photo_3

 「煙草4ユーロだぜ、幾つ欲しい?」
 車の中からこんな怪しげな売り方してる奴等もいるらしい。

 ここで売られているのは偽物煙草。偽物と言えば当然中国。

Photo_4

 ここには800を数える工場がある。
 こういう所で作られる煙草の中にはプラスチックやセメントや動物の死骸まで入っているとか。最近はアルジェリアなどのアフリカ産も出回っている。アフリカ製の偽物は、中国製を売っている奴等でさえ裸足で逃げ出すほどひどいと、誰だったか言ってたなー。

 これら偽煙草の毒性ってどんなもん?と問われた医者は、あっさりこう言ってのけた。

 「樹脂の煙を吸ったりすればそりゃ勿論とんでもなく有害だよ。でも煙草は元々有害じゃないか。煙草吸いの連中にとっては、同じことだ」

 身も蓋もないコメントであった。

 

 

 

 

 

 

 

 

|

« 税金上がる、物価も上がる、フランスも住みにくくなってきた? その2 | トップページ | ワイン »

ニュース」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1205954/47281197

この記事へのトラックバック一覧です: 税金上がる、物価も上がる、フランスも住みにくくなってきた? その3:

« 税金上がる、物価も上がる、フランスも住みにくくなってきた? その2 | トップページ | ワイン »