« 正座 | トップページ | web接続にはご用心 »

2012年11月 3日 (土)

TGVがダダ遅れ

 パリを挟んで南北に延びるTGV路線で最高四時間ほどの遅れが出たそうな。Tgv01

 原因はなんと、電線泥棒。

Tgv3

 何とも大胆なことをしなさるものである。

Tgv2

 日本でも一時期金属類の相場が高騰して、マンホールの蓋や路上の灰皿の金属部分に至るまで盗まれたことがあったし、盗む目的で高圧電線を切ろうとして感電死したアホなガイコク人もいた。

 欧州では銅相場が高止まりしているので狙われたということになっているが、フランス国鉄ではしょっちゅう電線を盗まれており、別に目新しいことでもない。

 今回やられたのはパリを挟んだ南北二ヶ所。

Tgv5

 だから、パリを中心に見るなら二、三時間の遅れだったが、マルセイユからリールへの便が四時間遅れとなったらしい。

 それを聞いて、ああそうか、今はTGVでパリからマルセイユまで三時間で行けるのだから、フランスの南端のマルセイユから北の端のリールまでの1000キロを四時間で行けるのだなと、あらためて感心してしまった。

 ただしそれは何事もなかった時の話で、そこに四時間遅れが加われば合計八時間。

 列車運行の遅れに対して払い戻しはあるのかというと、規則で定められているわけではないらしいが、二時間遅れまでなら25%、三時間以上なら75%を払い戻してくれるらしい。

Tgv4  

 恥ずかしながらそれは知らなかった。

 四年前にボルドーへ行く途中で線路脇に降ろされて到着が随分遅れたことは先日書いたが、ボルドー駅で駅員が何やら白い封筒を降車した客に配っていたことを思い出した。

 ちょうどぼくの前でその封筒が無くなった。まさかフランス人が払い戻しをするなんて思ってもいなかったからそのまま出てしまったのだが、あれは払い戻し請求証明だったんだ。ソンしたなあ。

 

 

 

 

 

|

« 正座 | トップページ | web接続にはご用心 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1205954/47709369

この記事へのトラックバック一覧です: TGVがダダ遅れ:

« 正座 | トップページ | web接続にはご用心 »