« ラフマニノフ ピアノ協奏曲第一番 | トップページ | クリスマス »

2012年12月23日 (日)

そしてマヤの新しい世紀が始まった

 なんて、大げさなタイトル付けんでもよさそうなものだが。

 12月21日、世界各国でいろんな催しがあったようだ。

 先ずは本家本元。

Photo

 大分気合いが入っている。

Photo_2  

Photo_3

 トルコでも…

Photo_4

 沢山の人が集まっていたらしい。

Photo_5

 この御仁、面白そうだから来てみたのさ、と。
 大半がそうだろうけど。

 こういう場所にも人が大勢参集

Photo_6

Photo_7

 マヤ暦はキリスト前3114年に端を発し、そこから1,872,000日後に現在の世紀が終わるとされていた。ちなみに、その日を12月23日と特定する説もあるらしく、ぼくが最初に目にしたのはそちらの説であったようだ

 「終わり」が必ずしも「滅亡」を意味するわけでもない。マヤ暦の終わりに乗じて観光業者がイベントを張ったということなんだろう。

 一つの時代が終わったのだとするなら、この不景気の時代も終わることになるのだろうか。それとももう一段階奈落の底へ向かうのだろうか。

 そんなお祭りをよそに、パリはクリスマス商戦まっただ中。

Xmas1

 

 

 

 

 

 

|

« ラフマニノフ ピアノ協奏曲第一番 | トップページ | クリスマス »

ニュース」カテゴリの記事

文化・芸術・宗教」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1205954/48434152

この記事へのトラックバック一覧です: そしてマヤの新しい世紀が始まった:

« ラフマニノフ ピアノ協奏曲第一番 | トップページ | クリスマス »