« 木登り その2 | トップページ | ケータイ中毒 »

2013年2月15日 (金)

Saint-Valentin

 Saint-Valentin、2月14日について、wikiにはこうある。

Le jour de la Saint-Valentin, le 14 février, est considéré dans de nombreux pays comme la fête des amoureux et de l'amitié. Les couples en profitent pour échanger des mots doux et des cadeaux comme preuves d’amour ainsi que des roses rouges qui sont l’emblème de la passion.

 この日は多くの国で、愛と友情を祝うものとされている。カップルはこの日、甘い言葉と、情熱の象徴たる赤い薔薇など愛の証の贈り物を交わす。

 断じてチョコレート屋の創業記念日ではないのである。

 こんなことで口角泡を飛ばしてると、昔ご紹介した一コマと同断に思われそうだから、主題へ。

 フランス中部地域に、そういう名の町がある。

 人口三百人。

Valentine8_2

 しかしこの日ばかりは町中が観光客であふれかえる。

 町役場も…

Valentine7

Valentine2  

 おまーら、どうせどこでもいちゃついているんだろうから、わざわざこんな町に来る必要なんかないだろーが!

 が、しかーし、

Valentine5

 この町の町長さん手ずからこんなもんがもらえるんだそうな。

Valentine6

 Saint-Valentin訪問証明書。

 いらんよ、そんなもん。

 と思うだろ?

Valentine9

 でも、こうやって記念写真撮ってる方たちもいるのだよ。

 このおばちゃん、「この人が優しい言葉かけてくれるなんて滅多にないのよ!」と嬉しそうに周囲に向かって大声で言う。
 おっちゃん伏し目がちではにかみながら「…そんなこと、ないやろが…」とモグモグ小さな声で言えば、おばちゃん「ホンットにないのよぉおー!」と更にトーンを上げる。

 好きにしとれ。

 昼食会も催されるというから、凄いもんだ。

Valentine3

 通りという通りには音楽が流れ、わんさか集まったカップルはここかしこで見つめ合う。

 とーぜん商売の方も年に一度の稼ぎ時。

 こんな切手にこんな消印まで。

Valentine10

 「そんな町にだって、やっぱり独身もいる」とナレーションが入った。

 人だかりの通りから外れた道。

Valentine12

 「今日は寒いな」
 「うん、寒いな」

 言葉少なに、二人は通り過ぎていった。

 「哀」であるなぁ。

 この日この町は、間違いなく全てがアイに包まれていたのであった。

 

 

 

|

« 木登り その2 | トップページ | ケータイ中毒 »

文化・芸術・宗教」カテゴリの記事

暮らし、雑感」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1205954/49430523

この記事へのトラックバック一覧です: Saint-Valentin:

« 木登り その2 | トップページ | ケータイ中毒 »