« 容疑者Xの献身 東野圭吾 | トップページ | アフリカの爆弾 その2 »

2013年3月24日 (日)

電子煙草(続き)

 以前紹介した電子煙草、フランスでは既に五十万人が愛用しているとか。   

tabac4

 

 人気の大きな理由の一つが価格。 
   
 欧州大陸の中でフランスは、最も煙草の高い国の一つと成り下がってしまった。    
   
tabac

 

 ベルギー、リュクサンブール、スペインの近くに住んでる連中は、勿論国境を越えて大量に煙草を買い込みに行く。 

tabac5   
   
 そんな風に手間暇掛けなくても、電子煙草にすれば、1カートリッジで7~10箱分「喫煙」できるというのだから、手を伸ばしたくなるのも無理はない。

tabac2   
    
 フレーバーも各種揃っていることだし。    
   
 ところがそのカートリッジの構成物質、ちゃんとした健康上のお墨付きはどうも出されていないようなのだ。   

tabac6    
   
 含まれているプロピレン・グリコールは長期服用の影響不明、グリセリンは短期的にはいらいらが募り、長期間での影響不明名な上、150℃発癌性あり、という。    
   
 おまけに、カートリッジの大半が中国製ときては、これがほんとーに良いものなのかどうか。

 普通の煙草と比べてどうかという点には、このニュースでは触れられなかったのは何故であろうか。

 これで煙草のポイ捨て者が五十万人減ったわけだから、取り敢えず慶賀すべきブーム、と言えなくもない。

 あ、今度はカートリッジのポイ捨てが大量に出てくるのかな。

 

 

 

 

|

« 容疑者Xの献身 東野圭吾 | トップページ | アフリカの爆弾 その2 »

ニュース」カテゴリの記事

暮らし、雑感」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1205954/50931089

この記事へのトラックバック一覧です: 電子煙草(続き):

« 容疑者Xの献身 東野圭吾 | トップページ | アフリカの爆弾 その2 »