« ロマはフランス共和国に同化できないのか? | トップページ | 中世の街 サルラ Sarlat-la-Canéda »

2013年5月10日 (金)

フランス 洪水

 フランスの東側が、洪水の憂き目にあっているとTVが報じていた。

Inondation06

 こういう川の流域で。

 鉄砲水というほどの緊急さはないものの、住民に言わせれば、あれよという間に水嵩が上がってきたとのこと。

Inondation01

んで、こんなことになってしまった。

Inondation02

Inondation03

 この家は避難が間に合わなかったようだが、川の下流の方では予め避難勧告が出ていて、家具なんかの下に箱を置いたりしていたようだ。

 が、この辺りまで水が来ると、電源のコンセントも水に浸かってしまう。当分家電製品は、水害を免れたにせよ、使い物にはならない。

 気の毒なのは中小企業で、トラックも設備も、買い置きの材料も水に浸かってしまった。家電小売店なんて、大打撃だ。

 川の流れというのは、ゆっくりとだが、当然川下に向かう。

 上掲地図をご覧あれ。全てがパリへ集約している。

 すっと、パリが大洪水に…!?

 さすがに郊外に遊水池があるんだって。

Inondation05

 ここも満杯になろうとしているようだが…

Inondation09

 どうやら水量は落ち着く見込みのようだ。

Inondation10  

 この程度ならどうということないな。
 パリのセーヌの水嵩がもっと上がった時期の写真は以前ここでご披露したことがある。

 

 で、めでたしめでたしで終わっては申し訳ないから、全然関係ないシャンボール城館の映像でも並べとくか。

 ニュースの主題はシャンボール館の修復費用に関することだったんだけど、そんなんどうでもいいよね。

Chambord1

Chambord4

 ここでこんな記念写真を撮る人たちもいる。

Chambord5

 これは、してやったりですな。

 ぼくの大好きなピエールフォンシャンティイも、こういう記念写真の場としては、一歩譲るかなぁ。

 

 

 

 

|

« ロマはフランス共和国に同化できないのか? | トップページ | 中世の街 サルラ Sarlat-la-Canéda »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1205954/51576382

この記事へのトラックバック一覧です: フランス 洪水:

« ロマはフランス共和国に同化できないのか? | トップページ | 中世の街 サルラ Sarlat-la-Canéda »