« 中国はなぜ日本を敵視するのか | トップページ | イタリアの小さな島 Lamepdusa が騒動に »

2013年10月13日 (日)

出雲大社の遷宮 2

 出雲では千家さんが代々国造やってるよ、とコメント頂いた。

 なるほど、出雲大社のHPに「宮司 千家尊祐」と署名がある。

 この「千家」家の家系図が凄い。イザナギ・イザナミから始まって連綿と続いていることになっている。

 HPの署名が「宮司」となっているのは、一般向けの肩書なのだろう。正式には「国造」であるようだ。家系図にも第××代国造と書かれている。
 読みはコメント氏の書かれたとおり「くにのみやつこ」ではなく、「コクゾウ」もしくは「コクソウ」。

 その出雲国造が南北朝時代に第55世清孝国造の跡目争いで分裂し、北島家が創出されたんだって。

 以来神事は千家家と北島家が交互に受け持つことになっていたのが、明治時代から千家さんの方が勢力を増し、千家家が大宮司、北島家が小宮司ということになったとか。
 ちなみに北島家の家系図はイザナギ・イザナミからではなく、天忍穂耳尊の兄弟神である天穂日命から始まっている。

 いずれにせよ、千家&北島両家の由来は天照大神。つまり、天皇家と同じ祖先を持つということになっている。

 もう今となっては、何しろ神代に遡ることなので、その系図は「事実」として眺めるしかなかろう。

 ってぇことは、次期天皇をどないすんねんという議論の中に、千家家と北島家も候補の中に入れちゃってええのではないかと、ぼくは思ってしまうのである。現在の天皇家の血筋から大きく離れるとはいえ、同じく天照大神の系統なのだから。

 千家/北島家は大國主命を祀る家系。その大國主命は素戔嗚尊を祖先とするわけで、やたら強腰を見せようとする今の我らの首相にぴったりではなかろうか。(でもスサノヲは高天原から追放されたんだっけ)

 もっとも、千家家/北島家に天皇の系統が移れば、これはもう大騒動必至。神代に通ずる「大政奉還」となるなあ。

 そしたら、「新古事記」とか、「新日本書紀」が編纂されることになるのかなあ。

 ついでですが、前回「神無月にお伊勢さんの遷宮?」と書いた。会社でその与太話をしたところ、「神無月ってのは旧暦カウント。今年の十月頭は旧暦では葉月でっせ」と突っ込まれた。

 おお、そうであったな。無知迂闊な書き込みを恥じ入りますです。

 頓首

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

|

« 中国はなぜ日本を敵視するのか | トップページ | イタリアの小さな島 Lamepdusa が騒動に »

文化・芸術・宗教」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1205954/53585374

この記事へのトラックバック一覧です: 出雲大社の遷宮 2:

« 中国はなぜ日本を敵視するのか | トップページ | イタリアの小さな島 Lamepdusa が騒動に »