« Adobe の flash player を更新しようとしたら | トップページ | コンビニ »

2013年11月 9日 (土)

食材偽装

 阪急阪神ホテルが頭を下げたら、次から次にゴメンナサイと謝る店が出てきている。(ホントは謝ってるんじゃなくて、ドサクサに紛れようとしているだけなのはミエミエ)

 ぼくは違いの分からない男だから、味に関して食材のことを云々する資格はない。

 松阪牛でござい、三重県の伊勢エビでございと口上を並べ立てられながら、その実、裏庭で飼っていた牛であろうとオマール海老であろうと、自分で満足したのなら味に関しては取り敢えず自分の中で解決はできる。

 が、店がウソをつくという行為は些か由々しき問題なのではないか。食材以外のところでも何かこそこそしているんじゃないかと、痛くもない(のか、痛いかもしれない)腹を探りたくもなる。

 そんなこと言ったって、長年メニューにそう表示してきて、誰も文句は言わなかったんだからええじゃないか、こちらにだって利益捻出のためのコスト削減努力義務があったんだからと、店の側で居直る手も、ないわけでもない。

 現に、偽装ではなく「誤表示」と居直っているところもある。アホや。

 言い逃れのつもりかもしれないが、もし本当に「誤表示」だったのだとすれば、それは大変なことだよ。
 その店には食材の仕入れ記録もなければチェッカーもいない。その上、食材に対しては目利きの筈の調理人もまるで区別がついていないということになる。そちらの方が食堂としては遙かに致命傷だとおもうんだけど、間違ってるかな?

 客には食事代を返金すると殊勝なことを仰っているようだが、本来真っ先に謝らねばならない相手は、利用されたブランド食材の産地・出荷元であるべきなのではないか。

 味が本当に分かる人は、食事のあと多分黙って立ち去るだけだろうが、ぼくのようによく分からない人間は、「これが霧島ポークか。こないだ近所のスーパーで買った豚肉とそんなに変わらないね」「黒毛和牛よりオーストラリアの肉の方が美味いぞ」みたいな感想を持ってしまうかもしれない。

 これ、著しい商標侵害なんだけど、ブランド産地の人たち、どうしてるんだろ。

 しっかしなあ、北海道の農協が「北海道産ジャガイモ」と銘打って、実はオーストラリアから輸入したジャガイモ売ってる(と、大前研一氏が著書の中で暴露)んだからなあ。魚沼コシヒカリ、浜名湖の鰻、宇治茶、下関のフグ・・・

 食堂側もどうせ居直るなら、昔から産地偽装はこんなにあるぞ、回転寿司の表示なんて嘘吐きのかたまりなのに、週刊誌を除けば誰も糾弾してないじゃないか!とでも凄んでみせればいいのに。

 adadas、hike、FUMA なんてブランド付けてる中国コピー商品が、むしろかわいく見えてくる。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

|

« Adobe の flash player を更新しようとしたら | トップページ | コンビニ »

ニュース」カテゴリの記事

暮らし、雑感」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

食 その他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1205954/53882466

この記事へのトラックバック一覧です: 食材偽装:

« Adobe の flash player を更新しようとしたら | トップページ | コンビニ »