« 金色夜叉には元ネタがあった | トップページ | パリの寿司屋 SUSHI GOURMET »

2014年1月13日 (月)

芥川龍之介の桃太郎

 芥川龍之介が「桃太郎」を書いていたとは、恥ずかしながら知らなかった。

 桃太郎が鬼ヶ島征伐を思いついたのは、おじいさんやおばあさんのように働くのが嫌だったからであった。

 それでは、征伐されるべき鬼ヶ島の鬼たちはどういう種族であったかというと、

  鬼が島は絶海の孤島だった。が、世間の思っているように岩山ばかりだった訣(わけ)ではない。実は椰子の聳えたり、極楽鳥の囀ったりする、美しい天然の楽土だった。こういう楽土に生を享うけた鬼は勿論平和を愛していた。いや、鬼というものは元来我々人間よりも享楽的に出来上った種族らしい。瘤取りの話に出て来る鬼は一晩中踊りを踊っている。一寸法師の話に出てくる鬼も一身の危険を顧みず、物詣での姫君に見とれていたらしい。なるほど大江山の酒顛童子や羅生門の茨木童子は稀代の悪人のように思われている。しかし茨木童子などは我々の銀座を愛するように朱雀大路を愛する余り、時々そっと羅生門へ姿を露わしたのではないであろうか? 酒顛童子も大江山の岩屋に酒ばかり飲んでいたのは確かである。その女人を奪って行ったというのは――真偽はしばらく問わないにもしろ、女人自身のいう所に過ぎない。女人自身のいう所をことごとく真実と認めるのは、――わたしはこの二十年来、こういう疑問を抱いている。あの頼光や四天王はいずれも多少気違いじみた女性崇拝家ではなかったであろうか?
 鬼は熱帯的風景の中に琴を弾いたり踊りを踊ったり、古代の詩人の詩を歌ったり、頗る安穏に暮らしていた。そのまた鬼の妻や娘も機を織ったり、酒を醸したり、蘭の花束を拵らえたり、我々人間の妻や娘と少しも変らずに暮らしていた。殊にもう髪の白い、牙の脱けた鬼の母はいつも孫の守をしながら、我々人間の恐ろしさを話して聞かせなどしていたものである。――
 「お前たちも悪戯をすると、人間の島へやってしまうよ。人間の島へやられた鬼はあの昔の酒顛童子のように、きっと殺されてしまうのだからね。

 そういうところへ殴り込みをかけ、乱暴狼藉、虐殺の限りを尽くすのである。

 桃太郎はこういう罪のない鬼に建国以来の恐ろしさを与えた。鬼は金棒を忘れたなり、「人間が来たぞ」と叫びながら、亭々と聳えた椰子の間を右往左往に逃げ惑まどった。
「進め! 進め! 鬼という鬼は見つけ次第、一匹も残らず殺してしまえ!」

 とうとう鬼は降参し、全ての財宝と人質を差し出すことを約束させられた。

 鬼の酋長はもう一度額を土へすりつけた後、恐る恐る桃太郎へ質問した。
「わたくしどもはあなた様に何か無礼でも致したため、御征伐を受けたことと存じて居ります。しかし実はわたくしを始め、鬼が島の鬼はあなた様にどういう無礼を致したのやら、とんと合点が参りませぬ。ついてはその無礼の次第をお明かし下さる訣(わけ)には参りますまいか?」
 桃太郎は悠然と頷いた。
「日本一の桃太郎は犬猿雉の三匹の忠義者を召し抱えた故、鬼が島へ征伐に来たのだ。」
「ではそのお三かたをお召し抱えなすったのはどういう訣でございますか?」
「それはもとより鬼が島を征伐したいと志した故、黍団子をやっても召し抱えたのだ。――どうだ? これでもまだわからないといえば、貴様たちも皆殺してしまうぞ。」
 鬼の酋長は驚いたように、三尺ほど後ろへ飛び下さがると、いよいよまた丁寧にお時儀をした。

 芥川が諭吉の「ひゞのをしへ」の影響を受けてこれを書いたのか、単なるパロディとして書いたのか。

 世界は帝国主義真っ盛りの、大正十三年に発表された作品である。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

|

« 金色夜叉には元ネタがあった | トップページ | パリの寿司屋 SUSHI GOURMET »

文化・芸術・宗教」カテゴリの記事

暮らし、雑感」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1205954/54591010

この記事へのトラックバック一覧です: 芥川龍之介の桃太郎:

« 金色夜叉には元ネタがあった | トップページ | パリの寿司屋 SUSHI GOURMET »