« 靖国神社参拝 | トップページ | 綴じ手帳をSDに その2 »

2014年2月10日 (月)

現代のベートーベン、佐村河内守

 「聴覚を失いながら名曲を発表してきた」ということになっている人がいて、そこへ、実は代わりに作曲をしていたという人物が名乗り出て騒ぎになっているようだ。

 佐村・・・という人は知らないし、高橋大輔がソチ五輪で使うことになっていたのがその佐村河内作とされている曲と言うことも知らなかった。

 河内守=河内のカミってーからエライ名前やと思ってたら、「佐村河内」がひとまとまりで姓だったんやなーという身内の発言で、この方の存在を知った。

 何より自分では一つも聞いたことはないから、「現代のベートーベン」という冠に値する曲が存在するのかどうか、ぼくは知らない。

 それらが本当に名曲であれば、単に「本当に作曲したのはこの人でした」とだけ報道すれば良さそうなものだが、何故にあんなに「こいつ、ウソつきなんや~!!」と指を突きつけるような報道をするのかなあ。

 あまりに不思議に思えたので会社の知人の間でちょっと話を振ってみたら、「そらそうやろ、その『ハンディを越えてと』いうのをあいつは売り込んできたんやから!」と色をなして言う奴がいた。

 「騙された!」と憤る気持ちは分からないでもないが、それは単なるストーリーであって、音楽自体とは関係ないのではなかろうか。よしそれがウソであれ、そのウソで売り込めたというのは当のご本人の(或いは仕掛け人の)才覚である。ドラマに仕立て上げたマスコミには、それはそれで、それなりの目論見もあったろう。

 そして一般大衆はまんまとそれに乗せられていただけの話ではないか。マスコミのいい加減さと、本来純粋に鑑賞しなければならない音楽を、マスコミの作り上げた虚像という色めがねを通してしか価値判断できなかった大衆のいい加減さが浮き彫りにされただけのことではないのかなー。

 今マスコミが佐村・・・を責め立てるのは、自分の失態を棚に上げて「悪いのはコイツやねん」と大衆の視線をそらそうとしているだけのように見えるんだけど。

 日曜の朝の報道ショーでちょっと見ただけ。それ以上詳しいことは知らないので、どこか勘違いしてたらゴメンです。

 エメラルドの都にたどり着いたドロシー一行。「この町は全てエメラルドでできているので眩しすぎるから」と渡されためがねを掛けて町に入ると、なるほど全てがエメラルド一色だった。

 「オズの魔法使い」のそんな場面をふと思い出した。

 

 

 

 

 

 

 

|

« 靖国神社参拝 | トップページ | 綴じ手帳をSDに その2 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1205954/54944306

この記事へのトラックバック一覧です: 現代のベートーベン、佐村河内守:

« 靖国神社参拝 | トップページ | 綴じ手帳をSDに その2 »