« 記者 | トップページ | ダニエル・ビダル »

2014年3月21日 (金)

現代のベートーベンとSTAP細胞論文騒ぎ

 小保方氏を「割烹着を着て実験をする・・・」なんてストーリーを売り込んできたくせに、論文のキズが見つかったとたん掌を返すようなイジメと叩きに走る日本のマスコミ。

 「ベートーベン」氏を持ち上げてきたくせに、今では詐欺師、ウソつき呼ばわりするのと、姿勢は全く同じ。ただ囃し立てるだけで株価の上がり下がりを煽って、その差額で稼いでいる連中と同じじゃないか。

 表面的な材料が出尽くしたら次はゴシップへ入っていくところは、「エコノミスト」よりたちが悪い。

 でも、本質的なところよりもそーゆーのが好きなのが日本国民の性質なんだろう。そうでなければ、こんな下品なマスコミがいつまでもハバを利かせているワケないとしか思えないんだが。

 

 

 

 

 

 

 

 

|

« 記者 | トップページ | ダニエル・ビダル »

暮らし、雑感」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1205954/55451367

この記事へのトラックバック一覧です: 現代のベートーベンとSTAP細胞論文騒ぎ:

« 記者 | トップページ | ダニエル・ビダル »