« グラフェンの使い道 | トップページ | 神宮、大社 »

2014年4月10日 (木)

今年の桜

 ぼくの住んでる地域では今年は桜の開花が早く、三月下旬にはもう咲き始めていた。

 八分咲きになった頃雨が降り、これで散るかと思ってたら、これが案に相違して意外に頑張る。風が吹いてもなかなか散らない。

 結局四月上旬の今に至るまで散り残っている桜がたくさんある。

 今年の桜は根性があるなーと思ってたら、通勤途上で珍しいものを見た。

 萼ごと落ちている桜の花。

 桜って、ふつー花びらが散るもんじゃない?

 はらはらと舞い散った無数の桜の花弁が浮かんでいると、いつもは薄汚いどぶ川も、風流に見えてくる。

 なのに、椿のように、花弁の根っこの萼からポトンと落ちる桜がある。初めて見た。

 そういう種類なのか、たまたまその一画で育った桜のみがそういう性質を持っているのか、そこまでは知らん。知らんが、とても興味深いものを見た気になった。

 椿の花がボトンと落ちてるのは、ぼくの好みではない。んじゃ、桜なら可憐だからエエかというと、これもやっぱり趣味ではない。

 萼から落ちた桜の花を見ながら、桜ってのはやっぱり、一気に満開に咲き誇って、間を置かずはらはらと花弁を散らせる、そこに美学があるんやーと、改めて思った次第。

 

 

 

 

 

|

« グラフェンの使い道 | トップページ | 神宮、大社 »

暮らし、雑感」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1205954/55726816

この記事へのトラックバック一覧です: 今年の桜:

« グラフェンの使い道 | トップページ | 神宮、大社 »