« 大型フェリーセウォル号 | トップページ | 怖い輸入食品は「中国産」だけでもないんだよね »

2014年5月 2日 (金)

日米同盟

 ん?いつ日米同盟条約なんてものが結ばれたんだっけ?

 外務省のHPに「日米同盟:未来のための変革と再編」と題された文章が載っているが、条約として明記されているのは日米安保だけ。

 webで「日米同盟条約」で検索してみたが、そのものズバリのページは見つからなかった。どれも「同盟」止まり。「条約」まで踏み込んだものはない。

  てことは、web記事を盲信するわけではないけど、事柄の内容上、同盟条約というものは存在しないと考えてよろしかろう。

 なのにマスコミが、何かしら不安定な「同盟」という単語を連呼しているのは、何でかなー?

 このたびオバマが来日するに当たって、安倍は何故かわざわざ「国賓」扱いとすることに躍起となった。

 目一杯接待されればオバマも悪い気はせんやろ、こんだけ税金を派手に使うて気ぃ遣うてくれてんねん、ウイ奴じゃ、ほんなら尖閣諸島は日本のものと宣言したろか、と勝手な思い入れ、てな、まことに卑屈な、さもしい思い入れだったように、ぼくには見える。

 そういう発想自体、平生からちやほやヨイショされることでしか自分の存在価値を見出せないような者でなければ出てきはしないだろう。
 或いは、ホストやホステスに入れあげるオバハンやオッサンと同じ感覚と言った方がいいか。

 韓国大統領の告げ口外交をあまり愉快には思わなかった日本人は多かろう。自分もその一人ではある。

 が、朴の方はまだしも自分で戦略展開していると言えないか?

 対して安倍、つーか、日本の政治家の外交のやり口は、「てめー、オレの後ろに誰が付いていると思ってんねん!」という、虎の威を借るチンピラの恫喝と同断なのではないかなー。

 いや、チンピラには本当にバックが付いてくれているだろう。

 でも、日本国が頼みとするアメリカさまの場合、ホントに後ろ盾になってくれているのかどうか。(「怪しいもんだ」とは書かない。日米安保条約の基本理念から言って、米国は日本の「無条件な後ろ盾」なんかではないのだから)

 だから、その「同盟の絆」を強化したいと願い(条約みたいな確たる根拠がないから、願うしかない)、安倍が用意した精一杯のお・も・て・な・し。悉くオバマに無視されたとか。

 精一杯背伸びしたいがために、現実に存在する日米安保条約ではなく「同盟」というコトバを振りかざすのは、アンポよりもドーメイの方が格好良くて強そうに見えるからだろうか。わが国はやっぱり「言霊の幸ふ国」であるのだな。

 ニッカン現代4月26日付の記事はウソであることを願いたいのは、ぼくだけではないと思うのだが。
 ”国賓が帰った途端…首相一派「オバマの愚痴」で大盛り上がり” 

 

 

 

|

« 大型フェリーセウォル号 | トップページ | 怖い輸入食品は「中国産」だけでもないんだよね »

ニュース」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1205954/55998958

この記事へのトラックバック一覧です: 日米同盟:

« 大型フェリーセウォル号 | トップページ | 怖い輸入食品は「中国産」だけでもないんだよね »