« フランスの若者も運動不足? | トップページ | 集団的自衛権 閣議決定 »

2014年6月24日 (火)

空瓶回収

Photo

 パリの街角で時たまお目にかかる、ゆるキャラみたいな面妖なるこの緑色の樹脂製の樽状設置物が何者なのか、当初ぼくにはよく分からなかった。

 当たり前だ。こんな使い方をされるものが路上にでんと構えてるなんて、誰が想像するもんか!

Photo_2

 そう、これは瓶回収容器なのである。

 お断りしておくが、普通のアパートならちゃんとゴミ捨て場があって、そこに瓶を捨てる専用の容器も備えられている。路上へ出てこういう容器のあるところまで空瓶を持って行かねばならないわけではない。

 というわけで、用途が分かって以降も首を捻っていたのだが、それでもこういう回収容器を歩道にでんと置かねばならない事情がパリにはあるのだろう。

 回収された瓶はこんなふうにコンベアに載せられる。この段階では紙だろうが傘だろうが、もういろんなものが混じっている。、

 Photo_3

 ガラス以外のものを手作業で取り除いた後、破砕機に掛けられ、次なる工程へ。

Photo_4

 さまざまな色が混じっているガラス屑が吸い込まれていくこの機械。

Photo_6

 上の図、3次元CGのスクリーンショットでは何のことやら分かりにくいだろうが、ここに入ったガラス屑は上から下へと落ちていく。その落下途中、センサーが瞬時に色を識別し、色毎に異なる方向に風圧で吹き飛ばす。そしてめでたく、それぞれ同色別にガラス屑が回収されるという仕掛けになっているのだ。

Photo_5

 この装置のお陰でガラス屑は、簡単に安価にリサイクルに回せるようになる。しかも、一度溶けた物質なので、瓶工場で再び溶かす際の溶融温度が低くて済むらしい。光熱費は三割ほど安いという。

 こんな装置があるなんて、寡聞にして知らなかった。

 ちなみに、一般のアパートで出た空き瓶には専用の回収車を使う。

2

 空き瓶ゴミ箱はこのように虚空高く引っ張り上げられ、最後はブレーン・バスターもどきに頂上で真っ逆さま。入っていた瓶は回収車の底に落下し、瓶の砕け散る派手な音が周囲に響く。

 初めてこの光景を目にしたとき、そやったんか、自分はこれまでいらんことしてたんやなと嘆息した。

 アパートに設置されている空瓶専用ゴミ箱は上部に丸い穴があり、その穴は切れ込みの入ったゴムで覆われていて中が見えなかった。容器の丈はぼくの胸の下辺りまでの高さがあった。

 しこたま溜まったワインの空き瓶を捨てるときはいつも、ちょっと中を覗いて、中に入っている瓶が少ないようだと、いっぱいに腕を突っ込んで底の方にそーっと置くようにしていた。割れることのないようにとの気遣いからだった。瓶はそのままの形でリサイクルされるものだと思い込んでいたのだ。

 なんじゃ、回収時点で粉々にするんかい!

 この光景を見て以来、ぼくは心置きなくぞんざいに収容器に空瓶を放り込むようになったのである。

 

 

 

|

« フランスの若者も運動不足? | トップページ | 集団的自衛権 閣議決定 »

ニュース」カテゴリの記事

暮らし、雑感」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1205954/56573201

この記事へのトラックバック一覧です: 空瓶回収:

« フランスの若者も運動不足? | トップページ | 集団的自衛権 閣議決定 »