« ホワイトカラー・エグゼンプション | トップページ | 年金危機 »

2014年7月13日 (日)

個人情報流出騒ぎ ベネッセとジャストシステム

 Just Systemから「【重要なお知らせ】ベネッセコーポレーションの個人情報漏洩の件に対する当社の対応につきまして」というタイトルのe-mailが届いた。

  当社は、2014年5月に株式会社文献社より257万3,068件のデータを購入し、これを利用して2014年6月にダイレクトメールを発送いたしました。

 勿論ジャストシステム社はそれがベネッセから流出したものとは知らずに購入したらしく、

 当社は、企業としての道義的責任から、2014年5月に文献社より入手した全データを削除することにいたしました。なお、当該お客様情報の使用は、既に7月9日(水)より中止しております。
 

とのことだ。

 260万件ほどの情報にジャストシステムはいくら払ったんだろうか。ベネッセから流れてきた情報なら、生年月日もくっついていただろう。だとすると、300万円ではきかんだろーなー。

 個人情報の値段は千差万別。e-mailアドレスだけなら1円もしないが、そこにパスワードがくっついていたりすると、たかがメアドでも相場は突然跳ね上がるらしい。銀行口座やクレジットカード番号であれば当然4桁以上で、そこにアダルトサイトへの有料接続履歴がくっついていようものなら、結構なお値段になるとか。

 ちなみに、facebookの個人情報は一山いくらで売り買いされているらしい。それだけ簡単に入手できる=幾らでも流出してるという、何よりの証左。

 今回の件でぼくが実に不愉快に感じたのは、そういう「名簿売買業者」てのが、合法的に存在しているという事実を、初めて公に知ったからである。

 つまらん勧誘電話がかかってくる度に、相手をビビらすつもりで「おたく、ウチの電話番号をどうやって知ったの?」と言ってやっても、「そういう専門業者さんから正規に購入してます」と平然とした答えが返ってきた話は以前に書いた。

 それはその場しのぎの言い逃れだろう、そういう「名簿業者」はアンダーグラウンドだと思っていた。

 そうじゃなかったのね。

 今回、ジャストシステムが購入先の企業名を公にしたんだけれど、その業者の商行為自体が非難される様子はないことから、我が日本国の法律上、個人情報売買はまっとうな職業として認知されていることを初めて知った。

 「更に値引きできます。ついてはここに」てな甘言で、あちこちの店舗で記入を勧められる住所・氏名・年齢、果ては年収等々の個人情報は、どこにどういう風に流れているのやら。

 大抵「個人情報は適切に処理します」みたいなことが書かれているけど、わし、信用してない。

 けど、まさかクレジットカードの情報までもが、誰もが知るweb大手企業からダダ漏れになっているとは、これも知らなかった。

 ちょっと古いけど、こんなのがあった。

 楽天、利用者のメールアドレスを含む個人情報を「1件10円」でダウンロード販売していることが判明

 2009年の記事だから今でも状況が同じなのかどうかは不明ではあるが、時期の問題じゃない。

 ぼくらが他人に差し出した情報ってのは、ぼくらの知らない誰かの手元で管理され、好きなように使われるのは決して珍しくないだけでなく、名だたる大手が利用者を明確に欺いているという事実に愕然となってしまったのだ。

 田舎ではいろんなものが手に入りにくい。これまで封印してきたwebショッピングに手を出そうかなあと思っていた矢先だった。

 どうやら、不便を託(かこ)つ生活を続けるしかないみたい。

 

|

« ホワイトカラー・エグゼンプション | トップページ | 年金危機 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1205954/56769803

この記事へのトラックバック一覧です: 個人情報流出騒ぎ ベネッセとジャストシステム:

« ホワイトカラー・エグゼンプション | トップページ | 年金危機 »