« 対露経済制裁 | トップページ | 風を見る earth wind map »

2014年8月 8日 (金)

パリに住んでてイラッときたこと

 何の脈絡もなく、ふと思い出したんだけど・・・

 パリに住んでると日常不愉快な目にはちょいちょい出会うのだが、さすがに二度目の滞在となるとそういうものには早々に不感症になってしまっていた。

 それでも最後までいらついていたことが一つある。

 電子レンジ用の食材パックや牛乳、ジュースなどの紙パックの開封しにくいこと。

 日本で売られている食材の袋にはたいてい切れ目が入っていて、簡単・きれい・手間いらずに裂くことができるようになっている。

 パリのスーパーで売られている食材の袋にもギザギザの山形が一応ついているものもあるが、こいつ、みてくれだけ。素手ではうまく切れてくれない。袋の材質が分厚いせいなんだろう。力任せに引っ張ると変な方向に破れたりする。(冷凍食品の袋は比較的楽だった。お菓子の類は買ったことないからよく分からない)

 紙パック飲料類の注ぎ口も、よほど気をつけて丁寧に引っ張らないと、きれいに剥がれてくれない。

 ということで、袋物食材の開封には最後の最後までイライラし通しだった。

 素手でスパッと開封できる袋というのは決して世界標準ではなかったのだと、ホームシックとは無縁のぼくだったが、そういう時ばかりは故国を懐かしむ心が湧き起こったものである。

|

« 対露経済制裁 | トップページ | 風を見る earth wind map »

Paris」カテゴリの記事

暮らし、雑感」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1205954/55852675

この記事へのトラックバック一覧です: パリに住んでてイラッときたこと:

« 対露経済制裁 | トップページ | 風を見る earth wind map »