« フランスのニュース放送FR2を見ようとしたら・・・ | トップページ | 「誤報」か「虚報」か その2 »

2014年9月14日 (日)

「誤報」か「虚報」か

 朝日新聞の従軍慰安婦「強制連行」、そして福島原発の職員「所長命令違反避難」記事。

 それらの記事は「誤報でした」と、ご本人たちは仰っている。

 「強制連行」の話には疑義が持たれて既に久しい。もともと市井のおっさんが喋ったことを裏取りもせずに大々的に報じ、しかも記事を書き立てた記者が韓国で慰安婦「強制連行」を金づるにするための生業(なりわい)として騒ぎ立てている人物と繋がりがあったというのだから、そこに何らかの意図が働いていたのだろうと受け取られても、それは仕方ないことであろう。

 その記事を書いた植村隆という記者は、朝日新聞から神戸松蔭女子学院大学へ転身を図っていたのだが、大学側が週刊文春の記事に怯え雇用契約を解除。その後めでたく北星学園大学の非常勤講師となったが、マスコミの取材に応じようとはせず、逃げ回っている由。

 福島原発の「命令違反避難」記事は朝日新聞社が「スクープ!吉田調書を入手」という前提で書かれたものだったが、その顛末について今さらここでどうこう書く必要もないだろう。

 さてはて、これらの記事は「誤って=意図はなかったんだけど間違って」報道された記事だったのだろうか?

 ぼくの理解力だと、これらは虚報或いは捏造というコトバの方が正しいように思えるのだが。

 火に油を注いだ感があるのが、朝日新聞の池上彰連載コラム原稿ボツ事件。

 「強制連行」の虚報を謝罪しない姿勢を諫める内容の原稿掲載を拒否したことで朝日新聞は言論界を敵に回すことになり、大炎上のお祭り騒ぎになってしまった。

 せやけど、ここを先途とばかりに朝日新聞を攻撃している週刊誌も、もひとつ情けないんよね。

 主に騒ぎ立てているのは、池上原稿のボツを含めた三件だけだが、本多勝一が大々的に煽った「南京虐殺」報道を忘れてはいけない。当時彼は、朝日新聞の記者だった。朝日新聞はこれを大々的に繰り広げた。

 「虐殺」を日本人に刷り込んだのはこの朝日新聞のキャンペーン記事なのだが、当時所属記者として記事を書いた本多勝一本人は、特に自分自身で何かを調査したわけではないんだよ、中国政府から聞いたことをそのまま書いただけだと、実にしれっと仰っているらしい。

 ところで、すぐ近隣の大陸国家を訪問した折、旭日旗を掲げて闊歩する度胸のある日本人はどれくらいいるだろう。

 ところが、その旭日旗をデザインした社旗を掲げる朝日新聞社は、その国の政府に最も気に入られている日本の報道機関なのだそうだ。他のマスコミではビザ発給などで嫌がらせを受けることがあるが、朝日新聞社だけはそういう問題は一切ないという。

 自分で確認したわけではないから真偽のほどは定かではないけど、「教科書問題」や「靖国参拝問題」にわざわざ火を付けたのがこれも朝日新聞であったことを思い返せば、それが事実であっても不思議はなさそうだ。

 

 

|

« フランスのニュース放送FR2を見ようとしたら・・・ | トップページ | 「誤報」か「虚報」か その2 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1205954/57362243

この記事へのトラックバック一覧です: 「誤報」か「虚報」か:

« フランスのニュース放送FR2を見ようとしたら・・・ | トップページ | 「誤報」か「虚報」か その2 »