« 明治時代の日本の写真 | トップページ | フランスの子ども手当(allocations familiales) »

2014年10月17日 (金)

エボラ症

 フランスで新たに感染症の疑いが発生した。

1

 感染の確認には8時間から12時間かかるらしい。

 「国境なき医師団」としてエボラ症治療にアフリカへ赴くフランス人医師は数多くいる。彼らの二次感染を防ぐために訓練が行われているとFR2が報じた。

2

 防護服の正しい付け方。肌が露出しないようにと細かく指導が入る。

3

 感染症に罹った人をベッドに運ぶ訓練。

4

 上は、パニックになって暴れる人を押さえつける訓練。

5

 そして、防護服の脱ぎ方。

 恐れて誰も近付きたがらない地域へ治療のために赴こうとする人々、そういうボランティアを護るために行われる訓練。

 頭が下がる。

|

« 明治時代の日本の写真 | トップページ | フランスの子ども手当(allocations familiales) »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1205954/57720805

この記事へのトラックバック一覧です: エボラ症:

« 明治時代の日本の写真 | トップページ | フランスの子ども手当(allocations familiales) »