« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »

2014年12月

2014年12月30日 (火)

ライフログ

 最初にライフログという言葉に接したのは、身に付けているだけで一日の行動を全て撮影してくれるというカメラの紹介記事だった。

 何秒置きかにひたすら自動的に撮影を続けるというもので、その日自分がどこで何をしていたのか確認できるというスグレモノ。

 今日自分が何をしていたのか、半分どころか四分の一も思い出せない自分としては、実に魅力的な「おもちゃ」に見えた。でも、それを記録することで何が期待できるんだろう。
 そのカメラの関連記事では、認知(障害)症への応用が期待できるかもしれないとあった。

 そんなことは久しく忘れていたのだが、「自分の人生、どこまで記録?~広がる“ライフログ”~」というタイトルで、NHKが2012年4月に「クローズアップ現代」で取り上げていたのを知った。

 この番組で紹介された「ライフブロガー」たちは認知症とは縁遠い。スマホに摂り溜めた過去の写真を時間潰しに眺めながら、「そういえば、あそこの店、美味しかったよね」と記憶を新たにする者もいれば、逐一記録された所要時間別の行動を「勉強」とか「食事」のように分類付けをし、自分の行動の効率化を図るといった人々が紹介される。

 極め付けは、自分の手元にあるこれまでの自分の生涯全ての記録をデジタル・スキャンして、それらを日々眺めているという46歳の男性であろう。

 過去ばかりではない。彼は掃除から買い物から日々の行動全てを記録している。蓄積された過去データはルーティーンで必要な(例えば歯ブラシの買い換え時みたいな)行動を毎日「適切に」促してくれるのだそうだ。このシステムのお陰で雑事を考えなくて良くなったので自分の時間が増えたとこの男性は言っていた。

 ホンマでっか?行動記録は逐一自分でやらなあきませんやろ。その分手間かかってるんちゃいますの?

 毎日過去の自分と向き合っている「副作用」もあるらしい。頻繁に「過去の自分」を眺めているので、今となっては小学生時代の自分の写真を見ても「懐かしさ」は感じられないと語っていた。

 そのような語りをルポ終盤に持ってきたNHKの意図に引き摺られるほどぼくは無自覚ではないつもりだが、それでもやっぱり少し考えさせられてしまう。
 この辺りの構成はそれなりに説得力があり、NHKって、やっぱりうまいなあとも思う。

 ぼくも若かりし頃は大学ノートに一日で二頁も三頁も日記を書いていた。当時は多分、自分の中ではそういう概念はないままに「ライフログ」のつもりで書き続けていたような気がするが、そこにはメソッドも何もなく、結局自分の思い入れや怨念をノートに向かって吐きだすだけのカタルシスみたいなもので、結局再読するに値しないものばかりだった。

 ライフログは過去の自分と向き合うことで現在の自分を再確認するためのツール。だからあまり内省的なことは書かず、事実と感想程度にとどめるのがよろしいようだ。

 自分の経験であれば、何か取っ掛かりがあれば思い出す縁(よすが)になる。その程度がぼくらにはちょうど良いのではないか。

 全てをクリアに覚えていることが良いことなのかどうか。
 記憶の中の靄(もや)のかかり具合でぼくらは時間軸を認識しているのかもしれない。全てを克明に記憶し続ければ、過去と現在の境が分からなくなってしまう。

 ってのは、物忘れの激しい自分への言い訳なんだろうね。

 物忘れがひどいからこそライフログを記録した方が良いのかもしれないが、ボケてしまった頃に家族にそれを読まれて、「あのジジイ、こんなことを考えてたのか」と哄笑されるのもシャクだしなあ。

 そんなことを考えている年の瀬であるが、皆様方におかれては、良いお年をお迎え下さい。

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月29日 (月)

書き損じの葉書、使わなかった年賀状

 未使用であれば、そんな葉書をシャプラニールというNPO団体に送ることで、バングラデシュなどへの支援にぼくらも参加できるらしい。 

 シャプラニールという団体がどういうものか、HPを見ただけのぼくに語る資格はないが、書き損じの葉書や投函されなかった年賀状なんてどうせ忘れ去られてしまうだけのもの。もしそのまま打ち捨てられてしまうものが誰かの役にたつ有効活用してもらえるというのなら、その方が良いだろうと思うのはぼくだけだろうか。(日本郵政グループにとっては迷惑かもしれないが)

 書き損じであっても未使用の葉書なら、郵便局に持ち込めば一枚五円の手数料で切手等々に交換してもらえる。紙代や印刷代その他のコストを考慮するなら、それはまあ仕方ないだろう。

 ところで、切手を換金してくれる金券ショップというものがある。そこに持ち込めば切手を買い取ってくれる。(金券ショップに買い取り依頼をしたことがないので詳しいことは知らないが、切手を買い取ってくれる業者もあればそうでない業者もあるらしい)

 買い取ってくれる業者でも、バラの切手だと換金率は極端に落ちるようだ。

 ここがミソ。

 個人単位で「郵便局に未使用葉書持ち込み」→「切手に交換」→「金券ショップへ」というステップを踏んでもたいしたお金にはならないが、未使用葉書がわんさか集まれば当然シート単位で切手に交換できるわけで、金券ショップでの換金率は跳ね上がる。

 このNPOはそういう作業をコツコツと積み重ねて得た資金を発展途上国に寄付しているらしい。

 

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月27日 (土)

わけの分からん標識

 久しぶりに大爆笑したwebネタ。

Photo
 会館までは閉まってるって…

Photo_2
 
 二人前の料金で二人目分はタダ・・・ ?(゚_。)?(。_゚)?

Photo_3
 極め付け。
 声を上げて笑ってしまった。

 元ネタはhttp://theverybesttop10.com/pointless-signs-and-notices/




 

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月26日 (金)

STAP細胞疑惑

 STAP細胞は存在しないとの結論になりそうであるが、この一連の騒ぎに何となく違和感を覚える。

 あの研究は、ホンマに捏造やったんやろか。

 この手の研究成果は必ず他人によって追試が行われる。そんなことは百も承知ででっち上げ論文を出すかなあ。

 仮に、実はSTAP細胞が存在するとしたならば、とっても困る人々がいる。

 それは巨大製薬会社。

 そこに群がる人々は一挙に莫大な利権を失ってしまうことになるだろう。

 週刊新潮のインタビューで小保方氏は、「大きな流れに潰されそう」「大きな力がはたらいていることは間違いない」と述べていた。

 笹井芳樹氏の「自殺」は、本当に自殺だったんだろうか。ふと、中川一郎の「自殺」事件を思い出す。

 ウィキペディアの「科学における不正行為」の項には数多くの過去の不正が挙げられている。確かに不正もあったんだろうが、本当に全てが捏造だったんだろうか。

 911の「テロ」に対する疑惑ほどの確信は持てないが、このSTAP細胞騒ぎ、どうしても違和感を拭い去ることができないでいる。

 

 

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月23日 (火)

青色光に殺虫力が

 波長の短い紫外線に殺菌効果があることは誰でも知っているが、遙かに波長の長い青色光に昆虫を殺す働きがあるとの研究成果が発表された。

 詳しくは東北大学のプレスリリースを一読頂くとして、青色LEDチームが耳目を集めている中、実にタイミングの良い発表だ。時機をうかがっていたのかな? 

 明るさは距離の二乗に反比例するので、殺虫剤に取って代わるのはまだ先のことだろうが、モンサント社はこのニュースにどう反応するんだろう。

 昆虫の種類によって殺虫効力のある波長が微妙に違うというから、研究が進めば応用範囲も広がることだろう。

 殺虫のメカニズムは、特定の波長の光が体内に蓄積することで活性酸素が生じ、組織や細胞が破壊されるのだろうと推測されている。

 活性酸素と聞いて少し怖くなった。ヒトの体は昆虫とは異なるから太陽の光を浴びて死んでしまうわけではないが、青色LEDがどうやら目にはよろしくないようだという説と関連があるのだろうか。

 以下は、プレスリリースのコピペ。

 

 2014 12 9

報道機関 各位 
東北大学大学院農学研究科

青色光を当てると昆虫が死ぬことを発見 
(新たな害虫防除技術の開発に期待)

<概要>

 東北大学大学院農学研究科の堀雅敏准教授の研究グループは、青色光を当てると昆虫が死ぬことを発見しました。紫外線の中でも波長が短いUVCUVBは生物に対して強い毒性をもつことが知られています。しかし、比較的複雑な動物に対しては、長波長の紫外線(UVA)でも致死させるほどの強い毒性は知られていません。一般的に、光は波長が短いほど生物への殺傷力が強くなります。よって、紫外線よりも波長の長い可視光が昆虫のような動物に対して致死効果があるとは考えられていませんでした。さらに、この研究で、ある種の昆虫では、紫外線よりも青色光のほうが強い殺虫効果が得られること、また、昆虫の種により効果的な光の波長が異なることも明らかになりました。本研究成果は青色光を当てるだけで殺虫できる新たな技術の開発につながるだけでなく、可視光の生体への影響を明らかにする上でも役立つと考えられます。

 本研究の一部は、農林水産省委託研究プロジェクト「生物の光応答メカニズムの解明と省エネルギー、コスト削減技術の開発」および日本学術振興会科学研究費補助金によってサポートされました。 この成果は、2014 129日に英国Nature Publishing Groupのオンライン科学雑誌「Scientific Reports」に掲載されました。

<説明>

1.背景:

 可視光が生体に与える影響を明らかにすることは、可視光の新たな利用法の開発や可視光の曝露が生体に与える傷害を評価する上できわめて重要です。しかし、可視光の生物に対する毒性に関してはあまり知られていません。最近の研究により波長が短い可視光(400500nmの光、いわゆる青色光)がヒトの目に傷害を与えることが明らかになってきましたが、昆虫を含め比較的複雑な動物に対する可視光の致死効果はこれまでに報告されておりません。一方で、UVC100280nm)やUVB280315nm)といった波長の短い紫外線は生物に対して強い毒性があることが知られており、昆虫や微生物もこれらを当てると死亡します。しかし、これより長い波長の紫外線(UVA315400nm)に関しては、昆虫に対する明らかな致死効果は報告されておりません。光は波長が短いほど生物に対する毒性が大きいことから、可視光を当てるだけで昆虫のような比較的高等な動物が死ぬとは全く考えられておりませんでした。本研究による発見は、これまでの常識を覆すもので、可視光の昆虫に対する強い毒性を示すものです。

2.研究内容:

 様々な波長の LED 光を昆虫に当てて、殺虫効果を調べました。 
 最初に、378732nm(長波長紫外線~近赤外光)に渡る様々な波長のLED光の下にショウジョウバエの蛹を置き、羽化できずに死亡した蛹の割合を調べました。LEDの光の強さは直射日光に含まれる青色光の3分の1程度としました。その結果、青色光を当てた蛹は羽化できずに死亡しました(図1)。青色光の中でも効果の高い波長と効果の低い波長があり、440nm467nm2つの波長が高い効果を示しました。そこで、卵、幼虫、成虫に対しても467nmの光の殺虫効果を調べたところ、いずれも照射により死亡しました。 次に、蚊(チカイエカ)の蛹に対する青色光の殺虫効果を調べました。蚊も青色光を当てると死亡しました(図2)。しかし、効果の高い波長は417nm1つだけで、ショウジョウバエと異なっていました。また、蚊はショウジョウバエよりも青色光に強く、全ての蚊を殺すには、直射日光に含まれる青色光の1.5倍程度の光の強さを必要としました。 417nmの殺虫効果は卵でも認められました。
 
青色光の殺虫効果を、小麦粉などの大害虫であるヒラタコクヌストモドキの蛹でも調べたところ、非常に高い殺虫効果が認められ、直射日光の5分の1から4分の1程度の光の強さで、全ての蛹が死亡しました。

3.明らかになったこと

 青色光は様々な昆虫種に対して殺虫効果を示します。また、その効果は卵、幼虫、蛹、成虫のいずれの発育段階でも得られます。ただし、青色光であっても効果的な波長は昆虫の種により異なっております。また、ショウジョウバエのように、ある種の昆虫にとっては、紫外線よりも青色光のほうが高い殺虫効果を示し、動物に対する光の致死効果は波長が短いほど大きいという従来の考えには当てはまらない動物種の存在が明らかになりました。

4.推測される青色光の殺虫メカニズム

 昆虫の種により有効波長が異なることから、その殺虫効果はヒトの目に対する傷害メカニズムに似ていると推測しています。すなわち、種によって吸収しやすい光の波長が異なり、これによって、種により異なる波長の光が昆虫の内部組織に吸収され、活性酸素が生じ、細胞や組織が傷害を受け死亡すると推測していいます(図3)。

5.波及効果

 例えば、青色のLED光などを害虫の発生している場所に当てることで、簡単に殺虫できる害虫防除装置の開発が期待できます。波長を工夫することで、衛生害虫、農業害虫、貯穀害虫、畜産害虫など様々な害虫に適用できるクリーンな殺虫技術になる可能性があります。また、青色光やそれに起因する活性酸素の生体への影響を評価する研究にも、今後、役立つと考えられます。

 

1 ショウジョウバエ蛹に対する青色光の殺虫効果 

2 チカイエカ蛹に対する青色光の殺虫効果 

3 推測される青色光の殺虫メカニズム

 

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月 6日 (土)

「受験脳の作り方」 池谷裕二

 つい二週間前に『高校生の勉強法』を先に読んでいたが、十年の歳月を経て学説的に間違っていた部分もあるので加筆改訂版を出したとのこと。
 池谷裕二のファンなので読んでみた。が、 『高校生の勉強法』の読後メモと照らし合わせてみて大筋で違っているところはないようだから、どちらを読んでもさほど間違いはないかろうと思う。
 この人の書いた本には、ホント無駄がないなあと、毎回しみじみ思う。

 以下はweb読書録に投稿した記事の転載。

 =================

 「記憶とは、神経回路のダイナミクスをアルゴリズムとして、シナプスの重みの空観に、外界の時空間情報を写し取ることによって内部表現が獲得されることである」

 と初っ端に出てくるが、原初の記憶とは何のためにあったのか。それは生命保持のためであった。
 記憶を司っているのは脳内の海馬である。この部位は本来生存に必要な情報のみをフィルタリングして大脳皮質に蓄え、必要に応じてその記憶を引き出すという役割を担っている。

 生存環境は常に変化している。見聞きした事柄全てを正確無比に記憶しておく必要はない。重要なのは「似たような」事態に直面したときにどう反応すればよいかという応用力である。

 だから脳は「捨てる」ことを優先する。入力された情報を次々に捨てながら、繰り返し入ってくる情報に対しては、これは重要らしいと見なし、別して長期保存庫の大脳皮質に蓄える。

 つまり、海馬を如何に活性化させるかが記憶力を高めるキーとなる。

 一時期蓄えられた情報は一ヶ月間ほどかけて吟味されながら整理整頓されてゆく。その過程では、入力だけでなく、どれほど出力されたかも重要な判定基準となる。

 生存に於ける重要情報は一般に、感情を含む五感と共に蓄積される。「何でも良いから最も記憶に残っているものを挙げよ」と問われ、数学の公式や化学式を思い出す人はいない。大抵旅行などの個人的な体験記憶を挙げる。「体験」による記憶は五感全てを通じての記憶であるが故に、強い記憶となっているからだ。

 だから何かを覚えようとするとき、五感を動員して想像をフルに働かせるのが効果的。

 神経シナプスの伝達経路は「0/1」のデジタルではなく、アナログ伝達、即ち「重み付け」を行っている。そこに曖昧さが発生するので、脳にとっては記憶の中から正解を導くための試行錯誤が必要になる。

 その試行錯誤にとって最も重要なのは「知識記憶」よりも「方法記憶」

 方法記憶とは、赤ちゃんがコップの握り方や歩き方を覚えるような、ある意味最も原始的な段階の「手続きの記憶」。

 進化に従い次に「知識記憶」のステージに入る。これはいわば「丸暗記」の力の時代で、およそ中学生時代半ばまで継続する。

 その後は「関係性」を重視する「経験記憶」へとヒトは進化する。歳をとるに従って「あの頃のように覚えられない」と嘆くようになるが、この過程を理解していれば当然の現象なのである。

 学習の過程で、一つの分野に精通すると他の分野での理解が容易になるという現象が起きる。「学習の転移」と呼ばれるもので、この「転移」が生じると、新たな分野の理解が早まるにとどまらず、その基礎となった元の学習の理解が深まり、更にはそれらの相互関係性の理解までもが深まるという「べき乗」効果が出現する。

 勉学を続けていくとある日突然ぱっと視野が開けるような感覚に陥るのは、この「べき乗効果」によるもので、これは単なる知識(物覚え)の集積によるものではなく、実はそれまでに習得した「理解の手順」=「方法記憶」の積み重ねに拠るものである。

 方法記憶は天才的な能力を作り上げる魔法の記憶と言って良い。ものごとの見通しを良くして、総合的な理解力、判断力、応用力を高め、センスや直感の土台にもなるのである。

目次
第1章 記憶の正体を見る
1-1 能力はテストでしか判定できないのか
1-2 神経細胞が作り出す脳
1-3 覚えるvs忘れる
1-4 海馬について知ろう
1-5 がんばれ海馬
第2章 脳のうまいダマし方
2-1 誰だって忘れる
2-2 よい勉強? 悪い勉強?
2-3 繰り返しの効果
2-4 がむしゃらだけでは報われない
2-5 脳は出力を重要視する
第3章 海馬とLTP
3-1 記憶の鍵をにぎるLTP
3-2 童心こそ成績向上の栄養素
3-3 思い出という記憶の正体
3-4 感動的学習法
3-5 ライオン法
第4章 睡眠の不思議
4-1 眠ることも勉強のうち
4-2 夢は学力を養う
4-3 睡眠と記憶の不思議な関係
4-4 勉強は毎日コツコツと
4-5 寝る前は記憶のゴールデンアワー
4-6 一日の効果的な使い方案
第5章 ファジーな脳
5-1 記憶の本質
5-2 失敗にめげない前向きな姿勢が大切
5-3 コンピュータと脳の違いとは
5-4 自分の学力を客観的に評価しよう
5-5 記憶はもともと曖昧なもの
5-6 失敗したら後悔ではなく反省をしよう
5-7 長期的な計画をもって勉強しよう
5-8 まずは得意科目を伸ばそう
第6章 天才を作る記憶のしくみ
6-1 記憶の方法を変えよう
6-2 想像することが大切
6-3 覚えたことは人に説明してみよう
6-4 声に出して覚えよう
6-5 記憶の種類と年齢の関係を理解しよう
6-6 勉強方法を変えなければいけない時期がある
6-7 方法記憶という魔法の力
6-8 ふくらみのある記憶方法
6-9 なぜ努力の継続が必要なのか

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月 4日 (木)

「断捨離 私らしい生き方のすすめ」 川畑のぶこ 同文館

 わずか三年半程度の海外暮らしで、読書の癖がすっかり抜けてしまっていた。

 一年半ほど前から徐々に本を読む量を増やし始め、さすがに学生時代の如く一日に三冊を並行して読むなどという荒技には戻れないし戻りたくもないが、一週間で1~2冊という程度までには回復してきた。

 数をこなせば駄本は増えるが、同時にヒットする本も増える。それ、数だけの問題であって、要するにヒット率は変わらない、つまり、選択眼は進歩してないわけではあるが、このふた月ほどはヒット本が多数あり、とても幸せな気分なのである。

 その中の一冊が、タイトルの本。
 「断捨離」という語は一時期一世を風靡したかの感があった。でも、その語感が嫌いで長らく距離を置いていたのだが、そーゆーのもそろそろ読んでみるかと手に取ってみたら、その奥深さにちょっと感動すら覚えた。

 以下、某web読書録への投稿記事の転載。(一部改変しとります)

=================

 「お片付け」の本だと思っていたが違った。これは紛う方なき自己啓発の書。

 自己啓発というのは往々にして精神論だけで語られ易いため自分で進捗が分からない。しかしながら、自分の身の回りにあるものを吟味淘汰していくのであれば、その成果が目で見て分かる。

 「捨てる」ということ自体が目的なのではなく、自分にふさわしいもの、求めているものは何かを常に自己に問い続ける姿勢を身につけることがこの本の趣旨である。

 そのためには溜め込んだガラクタを先ずは整理しなければならないのだが、何故こうも沢山ガラクタが増えてしまうのか。

 たとえば薩摩切り子のグラスを持っているとしよう。でも平生は、壊したら勿体ないからとスーパーで買い求めたグラスを使い続けている。

 それって、「私には高級食器を日常的に使う資格がない」と思い込んでいる状態だと著者は言う。

 自分で自身を貶めていては、幸せは決してやって来やしない。

 その辺りにある衣服で適当に間に合わせるという姿勢は、自分をぞんざいに扱っているだけでなく、実は他人との関係にも通じるところがあるようだ。(←この部分にはドッキリさせられた)

 必要以上にモノを持たないためには、自分の満たされていない部分、自分が真に必要としているものを意識して満たしてあげることが肝要。そうやって、日々モノと向き合い自問を継続していくことで、自分にとって何が本当に必要なのかが見えてくる。そういう思考パターンが身についてくる。

 自己承認というのは結構難しい。
 自分に嫌な部分があることを自分は知っている。だから他者に承認を得ようとしがちなのだが、他者承認を得られてもそれが本当の自分ではないことを自分は知っている矛盾に悩み、結局満たされることはない。

 けれど、モノの吟味を通して自分は常に最善の選択をしているのだと自覚できるに至り得たならば、それはモノの選択だけでなく、過去は過去、今は今と、人生全てに於いても最善の選択をしている自分に気付き、すなわち自分は常に最善の選択をしているとの自己承認に至り得るだろう。

 モノと向き合い、自分にとって不要・不適・不快なモノを取り除いていくにつれて、自分は何を欲しているのか、何が満たされていないからストレスとなっているのかが分かってくるでしょう。
・・・
 人生に求めるものは何か、どんな感覚をもたらしたいのか、自己のニーズをきちんと知って、それらのニーズを満たしてよいと許可を与えることが大切です。もし、自分のニーズを満たすことができたのであれば、幸せを感じるでしょう。
 そして幸せなときには他者に対しても自然と優しくなれて、その人にも自分と同じ幸せが訪れることを自然と望むことができるようになるでしょう

 断捨離はたいへん難しい。簡単なことではない。「これは『行』です」と著者は言う。

 と、ここまで書いて、元祖「断捨離」を提唱したのは誰だったか気になってしまった。
 Wikiによれば、この本の序文を書いているやましたひでこがこ元祖らしい。

 基本的にはヨガの行法、「断行(だんぎょう)」、「捨行(しゃぎょう)」、「離行(りぎょう)」という考え方を応用して、人生や日常生活に不要なモノを断つ、また捨てることで、モノへの執着から解放され、身軽で快適な人生を手に入れようという考え方、生き方、処世術である。単なる「片づけ」や「整理整頓」とは一線を引くという。

=================

 あ、最初からそう定義づけられていたのね。知りませんでした orz

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »