« 青色光に殺虫力が | トップページ | わけの分からん標識 »

2014年12月26日 (金)

STAP細胞疑惑

 STAP細胞は存在しないとの結論になりそうであるが、この一連の騒ぎに何となく違和感を覚える。

 あの研究は、ホンマに捏造やったんやろか。

 この手の研究成果は必ず他人によって追試が行われる。そんなことは百も承知ででっち上げ論文を出すかなあ。

 仮に、実はSTAP細胞が存在するとしたならば、とっても困る人々がいる。

 それは巨大製薬会社。

 そこに群がる人々は一挙に莫大な利権を失ってしまうことになるだろう。

 週刊新潮のインタビューで小保方氏は、「大きな流れに潰されそう」「大きな力がはたらいていることは間違いない」と述べていた。

 笹井芳樹氏の「自殺」は、本当に自殺だったんだろうか。ふと、中川一郎の「自殺」事件を思い出す。

 ウィキペディアの「科学における不正行為」の項には数多くの過去の不正が挙げられている。確かに不正もあったんだろうが、本当に全てが捏造だったんだろうか。

 911の「テロ」に対する疑惑ほどの確信は持てないが、このSTAP細胞騒ぎ、どうしても違和感を拭い去ることができないでいる。

 

 

 

 

 

|

« 青色光に殺虫力が | トップページ | わけの分からん標識 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1205954/58380137

この記事へのトラックバック一覧です: STAP細胞疑惑:

« 青色光に殺虫力が | トップページ | わけの分からん標識 »