« 上腕骨近位端骨折 その後 | トップページ | 梅 平芝梅林 »

2015年3月 5日 (木)

長期間の片腕固定

 傷はまだ完治していないが、骨折部とは直接関係のない上腕と前腕の腕の張りがひどいので早めに腕吊りを外すことになった。

 腕の筋肉が落ちていることは元より承知ではあったが、長期の左腕固定には思わぬ伏兵が居た。

 大股で歩けなくなっていたのである。

 骨折してからしばらくの間はちょっとの振動でも痛みが走るので、歩幅狭くのろのろと歩かざるを得ず、同じ行程でも五割増しの時間を見込まねばならなかった。二、三週間を経て多少ましにはなったが、それでもやっぱり小さな衝撃が来れば痛むことがあるので、かばうようにして歩く癖が付いてしまったらしい。

 それは体の使い方の癖だからおいおい解決していくのだろうが、歩くという運動が全身を使っているのだということに改めて気付かされた。

 若い時分は「ウォーキング」なんて何の運動にもなりゃしないと高をくくっていたのだが、どうして、負荷は小さいながらも立派な全身運動なんだ。

 一段飛ばしの階段上り復活に挑戦してみたが、バランスを取る感覚が鈍ってる。あまり焦らずにぼちぼち回復を待つことにしよう。

 ズボンを両手で持ってはけるようになったとささやかな変化に喜びを見出せるのも、今回の骨折騒動のお陰なんだよねと、ちょっとばかり事故に感謝。

 

 

 

 

|

« 上腕骨近位端骨折 その後 | トップページ | 梅 平芝梅林 »

健康」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1205954/59157180

この記事へのトラックバック一覧です: 長期間の片腕固定:

« 上腕骨近位端骨折 その後 | トップページ | 梅 平芝梅林 »