« 上腕骨近位端骨折 リハビリ 2 | トップページ | 下賀茂神社 2 »

2015年4月30日 (木)

下賀茂神社

 十時過ぎにぶらりと出立し、京阪特急の終着駅、出町柳に付いたのは十二時五十七分だった。

 ピーカンで日差しが暑い。

 下賀茂神社を訪れたのはもう四十年ほども前になろうか。よほど暇をもてあましていたのだろう、何となく鴨川を上流へ辿りながら歩いて行ってみたら下賀茂神社があった。それだけの記憶しかない。

 目指すべき神社が何処にあるのか事前に確かめもせず、まあ京阪の終点から鴨川沿いに歩いて行けばよいのであろうと、まことにいい加減な出立ではあった。

 四十年前は三条が終着駅だった京阪特急、今は出町柳まで通じている。
 出町柳で降りるのは初めてである。下賀茂神社はあっけらかんとすぐ近くだった。

 些か拍子抜けしながら参道を歩いて行くと、「世界文化遺産」と彫り込まれた石がどや顔で鎮座している。

Photo_2

 興醒め。

 ガイジン観光客を呼びたいのなら、いっそ”world cultural heritage”と横文字で書いておけば良かろうに。

 やたらと学生の団体が多い。自分も学生時代は傍若無人に騒ぎながら道を歩いていたくせにそれを棚に置き、やかましい奴らだと内心辟易していたら、和服姿の女性がちらほら歩いている。こういう景色に女性の和服はよく似合う。
Photo_5

 下鴨神社と上賀茂神社。何故に「下・上」二つに分かれているのか、昔から気には掛かっていたがこれまでついぞ調べたこともなかった。

 元祖である賀茂(加茂)神社は、キリスト誕生以前から存在していたようだ。
 祭りの日に武器を持った面々が大勢参拝し弓を引くような輩も多かったので、不穏に感じた朝廷が神社の分割を命じたという。下鴨神社の流鏑馬奉納はその名残なのだろう。

 分社した後、今では下鴨の方が格上になり、天皇参拝も先ず下鴨神社、それから上賀茂神社という順になっている。

 同じ「カモ」なのに下・上で「鴨」・「賀茂」と字が異なるのに大した意味はない。下/上カモ神社、どちらも通称で、正式名称はそれぞれ『賀茂御祖神社』、『賀茂別雷神社』。

 下鴨神社に祀られているのは賀茂建角身命(かもたけつぬみのみこと)と玉依媛命(たまよりひめのみこと)。系譜を当たってみたが、ややこしくてよく分からん。要するに古代の京都を開いた神様らしい。

 参道脇に幣を巻かれた御神木があった。

 本殿直前の大鳥居の前に手水場がある。高校生らしき一群が「左手から洗うんだよ」などと互いに言っているのが聞こえ、おぉ、こいつらも作法を教えてもらっているのかと、ちょっと感心した。
Photo_4

 本殿の前に、生まれ年別の社がある。厄除け祈願用らしい。基本的に一干支一社なのだが、わしの巳年は未との同居社であった。やっぱ「一戸建て」の方がええよなあと、ちょっと残念。

Photo_3

 本殿では、式年遷宮記念ということで昇殿参拝させてもらえた。これは実に貴重な体験。

Photo

 (一般人は撮影禁止なんで、上の写真はasahi digitalより無断転載、叱られたらすぐに削除します。出所はhttp://www.asahi.com/articles/ASH4Y00KPH4XPLZB021.html

 先ず東の座で二礼二拍一礼。次に西の座で同様に挨拶を終わったところで、「サングラス、落としてはりません?」と女性から声を掛けられた。彼女の指差す東の座に、一週間前に買ったばかりのサングラスが転がっている。胸に引っかけていたのが、「礼」の時に落ちたらしい。

 こりゃいかんと「ありがとう、すんません」と礼を述べつつ慌ててサングラスを拾いに走る。

 そんな体たらくだから、ぼくは今に至るまでついにドン・ファンになれなかった。
 ここで悠揚迫らず、「ああ、これはどうもおおきに。お礼にお蕎麦でもどうですか」みたいに返せりゃ、そこから先の展開もあるだろうに。

Photo_6

 御手洗川の輪橋(そりはし)が美しい。

Photo_7

 透き通る水の流れに乗って川を下ってくる二羽の鴨が、まことに絵になっていた。

 

 

 

 

 

|

« 上腕骨近位端骨折 リハビリ 2 | トップページ | 下賀茂神社 2 »

暮らし、雑感」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1205954/59856207

この記事へのトラックバック一覧です: 下賀茂神社:

« 上腕骨近位端骨折 リハビリ 2 | トップページ | 下賀茂神社 2 »