« 上腕骨近位端骨折 リハビリ 3 | トップページ | 謹賀新年 »

2015年9月17日 (木)

必死のパッチ

 大阪人にはお馴染みの言い回し。でも、なんでパッチやねん?

 ひっし=七、パッチ=八 の語呂合わせ
 とweblioにあった。

 「そんなバナナ~!」と疑ってたら、その次に同類の語呂合わせとして例示されてたのが

なすがまま、きゅうりがパパ

 うむ、これは笑えた。

 「そんなバナナ~」なんて今どき使うヒトがいるのかどうか知らんが、死語になってしまったギャグは死屍累々。

 アジャパー

 自分で使ってたかどうか、記憶にない。多分口にしたことはあると思う。

 当たり前田のクラッカー

 これは、「てなもんや三度笠」全盛期に学校中で大流行。

 バッチ・グー

 って、今でも使うのか?

 「ゲゲッ」 「ガビーン」

 なんてのもあった。

 よっこい庄一

 今でもたまに口をついて出るんだなー、これが・・・ ( (__|||) )

 ニャンニャンする

 使ったことも使われたこともないが、一世を風靡した。

 ナウい

 さすがにこれは、今では完全死後でしょう。

 レッツラ・ゴー

 短命だった。わりと好きだったんだけどね。

 ドロンする

 帰るの謂。自分で使った覚えはあまりない。

 う~ん、マンダム

 マンダム化粧品(丹頂)のCM。若い人らは知らんだろう。これも一世を風靡。

 あっと驚く為五郎

 もとは芸人麻雀仲間で使われてたんだとか。起源は歌舞伎か講談ではなかろうか。

 あけおめ ことよろ

 もう使うヤツおらんだろ、ぼく以外には。

 とんでもハップン

 これに、「歩いて十分」と続く。これは面白いと何度か使ってみたことはあるが、ぼくの世代でも既に通用しなかった。

 ノーテンパイラー

 オフクロがよく使ってた。元は中国語の「脳天壊了」らしい。

 「頭がパープー」「パープリン」 「頭がピーマン」

 長くは続かなかったような気がする。

 ここではコテコテの吉本ギャグは外したが、ざっと思い付いただけでもこんなにある。同世代の連中と酒飲みながら歓談すれば、もっともっと出てくるだろう。

 はやりコトバは同じ流れの中に浸っている同士ならそれなりにニュアンスを伝えられるのだろうが、テレビをはじめとしたマスコミから距離を置いている者には通じない。

 もうテレビをあまり見なくなっていたその頃、息子から「残ッ念ッ」とか、上司から「だ~めじゃん」と言われて、心底ムッとしたことがあるのを、久しぶりに思い出した。

 
 
 
 
 
 
 

|

« 上腕骨近位端骨折 リハビリ 3 | トップページ | 謹賀新年 »

暮らし、雑感」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1205954/61675022

この記事へのトラックバック一覧です: 必死のパッチ:

« 上腕骨近位端骨折 リハビリ 3 | トップページ | 謹賀新年 »