« androidスマホが乗っ取られる危険性 | トップページ | 梅花が好き! 川売梅の里20160228 »

2016年1月24日 (日)

nexus7 タブレットPC その3 ・・・千夜千冊

 「千夜千冊」というwebサイトがある。

 松岡正剛が、原則として一著者一冊を取り上げながら、その本を巡って考えたことなどをちょっと高踏的な文章で披露しているもので、いわゆる書評とは毛色が異なる。

 興味津々の文章がてんこ盛りな上、文章中にその「千夜千冊」で取り上げられた本のリンクがそこかしこに散りばめられているという仕掛けが嬉しい。菊池寛「真珠夫人」 (1287夜)の一節を例にとれば

 『忠直卿行状記』は大正7年の作品で、歴史に名高い暴君として知られた松平三河守忠直を主人公にした。僅か13歳で越前67万石の大封を継いだ殿様で、 とくに大坂夏の陣において真田幸村の軍勢を蹴散らして大坂城一番乗りをはたしてからは、我儘、奔放、強情、身勝手をほしいままにした。癇癖が強くて、しか もどんな者にも負けたくないという自負でかたまっていた人物である。新井白石(162夜)の『藩翰譜』にもぼろくそに書いてある。

 こんな風にセイゴオが「このことはここでも書いてるからね」とサイト内リンクが張ってあるものだから、ネットサーフィン感覚で次から次へと渡り歩けるという実に優れた構造で、まさにパソコンでなければできない芸当なのだ。

 このサイトに初めて出会ったのはもう十年以上前だったか。
 どの頁にも何かしら触発されるものがあってしばらく拾い読みしていたが、PCで長文を読むという作業を負担に感じ、いつの間にか遠ざかってしまった。「青空文庫」を読むのをやめてしまったのも同じ理由からだった。

 気ままに好きな場所で、好きな姿勢で読めたらなぁ。

 そういう使い方ができるタブレットPCを入手した。

 ただ、ぼくのPCタブレットはWiFi専用で、いつでもどこでもwebに接続できるわけではない。

 そこへ、web記事を自分のPCにそのまま取り込み、オフラインでも閲覧できるというwebブラウザーfirefoxアド・オンの”scrapbook”という存在を知った。

 今見ている頁を取り込むだけなら如何様にでも可能なのだが、こいつはリンク先まで構造ごと取り込んでくれるという優れもの。

 このアドオンの存在を知って真っ先に頭に浮かんだのが、松岡正剛の「千夜千冊」だった。
 リンク構造を保ったまま保存できるなら、それをタブレットPCに移せば良いではないか。

 嬉々として早速全記事を丸ごとダウンロードし始めたが、ちょっと甘く見ていた。記事は千数百本。二時間や三時間では終了しないのである。しかもその結果、何千もの小さなファイルと共に総容量は1.4GBを超えていた。

 更に、リンク構造を保ったまま自分のPCに取り込めるのが最大のウリの筈で、卓上パソコンでは確かに問題ないのだが、これをタブレットPCに移すとどうもうまくいかない。何度もリトライしたが、文書のリンクは働くものの、どうしても画像リンクが切れてしまう。このあたりは自分のパソコンスキルの不足のせいなんだろう。

 トライアルアンドエラーに膨大な時間を費やした挙げ句、まあ文書のリンクが働くならそれでええかと、画像の方は遂にあきらめることにした。

 不完全ながらそれでも時間を費やした甲斐はあった。今手元に千数百冊分の記事があり、折に触れ読んでいる。上述したように記事リンクだけは保てているので、数学の話から茶の湯へ、理論物理学へ、宗教へ、歴史へ、脈絡なく飛び交いながら、人類の残した叡智を松岡正剛の案内で楽しんでいる。

 
 
 
 
 
 

|

« androidスマホが乗っ取られる危険性 | トップページ | 梅花が好き! 川売梅の里20160228 »

パソコン」カテゴリの記事

文化・芸術・宗教」カテゴリの記事

暮らし、雑感」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1205954/63621697

この記事へのトラックバック一覧です: nexus7 タブレットPC その3 ・・・千夜千冊:

« androidスマホが乗っ取られる危険性 | トップページ | 梅花が好き! 川売梅の里20160228 »