« ソムリエ sommelier | トップページ | école normale (supérieure) »

2016年3月 7日 (月)

梅が好き! 平芝梅林公園 20160307

 平芝梅林公園の見頃は例年三月中旬。暖冬で今年はもう見頃を過ぎているのではないかと危ぶんでいたが・・・
 20160307_001
 満開に近いけれど、これから咲くぞと気構えを見せている木もまだまだある。

 ここはぼくが大好きな梅林のひとつ。起伏のある公園内に林立している梅が一目で見渡せる。

 散り始めた梅花。昨夜の雨のせいだろうか。でもそのお陰で水気をたっぷり含んだ花が瑞々しい。昨年も雨上がりの晴れ渡った空のもとに訪れ、満悦至極だった。

 今回はあいにくの曇天で、白梅がもう一つ冴えないのがちょっと残念。
20160307_008

 一杯に散った花弁の絨毯道を歩く。

 これまで気に留めたことがなかったが、白梅と紅梅が一本の木に咲いている梅があるんだ。へ~。

 

20160307_015

 と感心していたら、ひとつ中に紅白同居している花もあった。こういうのは珍しくないのかな。ぼくがこれまで知らずにいただけなんだろうか。
20160307_019  

 こういう写真は、本来なら周囲をぼかして撮るべきなんだろーねー。一眼レフ所有者をちょっとだけ羨む。

 もうひとつ珍しかったのが、これ。
20160307_033

 椿みたいに萼から落ちている梅花を初めて見た。こんな散り方もあるんだ。

 花びらが散っているのは雨と風のせいだと思い込んでいたが、そればかりではなかった。
 メジロである。

 大量のメジロが飛来していた。
20160307_037

 このメジロ君たち、梅の木の先の方の細い枝に停まって花にくちばしを突っ込んでいる。落ち着きなくせわせわと体を動かすものだから、枝が揺れて花弁がはらはらと舞い落ちる。

 花弁の絨毯道を敷いたのは、彼らの仕業であったか。それはそれで風流結構な図ではある。

 咲き誇ったたくさんの梅花は美しかった。それでもやっぱり、白梅は真っ青な晴天のもとで眺めたい。来年は天候を選んで来よう。

 
 
 
 
 
 


 
 

|

« ソムリエ sommelier | トップページ | école normale (supérieure) »

暮らし、雑感」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1205954/64409479

この記事へのトラックバック一覧です: 梅が好き! 平芝梅林公園 20160307:

« ソムリエ sommelier | トップページ | école normale (supérieure) »