« フランス 労働法改定の試み | トップページ | Windows10 無償アップグレード »

2016年5月 2日 (月)

語学力の向上

 三十代の初めにフランスから帰国した当時は、ある程度フランス語が使えるようになっていた。だけどその後全く使う機会もなく四半世紀を経て、フランス語力はほぼゼロの状態にリセットされてしまっていた。

 二度目の渡仏から帰国したとき、今度こそはフランス語の力を維持しておきたいと、願った。願っただけで、せっかくインターネット環境も整っているというのに、自ら大した努力もしていないものだから、もともと拙い水準の語学力である、我が身体と同様どんどん痩せさらばえる一方なのだ。

 どうせ二度と使う機会もないだろうとの思いがアタマの片隅をよぎると、どうも「勉学」へのドライブが掛からない。 

 そこへ、内田樹の「知に働けば蔵が建つ」という本の中でふと気になる一節を見付けた。

 することがないので、とりあえずフランス語の練習をする。ときどき発作的にやっている「天声人語フランス語訳」である。
 これはなかなかよい勉強になる。
 何をいいたいのかよくわからない文章(「天声人語」はその好個の文例である)を仏訳するというのは、論理的に明快な文章の仏訳よりは語学力の向上に役立つ。

 なるほど!そういう考え方があるか。
 こういうシニカルなスタンスはぼくにぴったりではないか。

 ・・・でも、ウチ朝日新聞購読してないからなあ。

 かくて怠ける方向への言い訳を見付けてしまった我が脳は、再び惰眠を貪っている。

 

 

 

 

 

 

 
 

|

« フランス 労働法改定の試み | トップページ | Windows10 無償アップグレード »

暮らし、雑感」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1205954/65317457

この記事へのトラックバック一覧です: 語学力の向上:

« フランス 労働法改定の試み | トップページ | Windows10 無償アップグレード »