« 世界の大学ランキング | トップページ | DVDディスクが取り出せない! »

2016年6月 5日 (日)

セーヌ川水位急上昇

 五月末から続いた豪雨でセーヌ川の水位が急上昇し、Île-de-France圏のあちこちが洪水に見舞われたが、ようやく水位上昇のピークは超えたようだ。

Photo 

 今回の最高水位は6m十数センチだったが、1910年には8mを超えたことがあるという。(下の水位画像はFR2が加工したもの)

1910

 パリの中心部では大した被害はないようだが、勿論川縁の道路は水没してる。

Quai

Quai_2  

 下の画像右下は、RER(郊外高速鉄道)C線の換気口を塞いでいるところ。船が通ると波が侵入してくる恐れがあるからとのこと。(でも多分普通の船は橋の下をくぐれないので通行できないと思うんだが)

Rer

 週末はルーブル美術館、オルセー美術館は急遽閉館。万一に備え、階下の美術品を急遽高い階に移す作業が行われた。こういう危機管理はしっかりしているんですね。流石です。

Photo_2

Photo_3  

 セーヌ川やマルヌ川の上流には、パリを水害から守るための貯水池が四箇所ある。

Photo_4

 ところがその四つともほぼ満杯になってしまった。

Photo_5

 特に一番南側の貯水池はこれ以上溜めることができず、放水を余儀なくされた。そのため、パリ南部の幾つかの地域で冠水が。

Villeneuvesaintgeorges

Nemours40  

Photo_6  

 床上浸水で家具や家電類が水浸しで、地下倉庫は当然完全水没。洋服屋の店主は「地下の在庫すべてが使い物にならなくなった」と嘆いていた。

 Île-de-France地方への脅威はピークを過ぎたが、セーヌ下流の北部地方はこれからだそうだ。

 セーヌを北に下るにつれ川幅は広くなっていくから水位の上昇は緩やかなものになるだろうが、水面と土地の高さがそれほど違わない場所が沢山ある。既に畑の水没が始まっている。農業や牧畜業に大きな被害が出ることになるだろう。

 この洪水による被害総額は、少なくとも6億ユーロ、場合によっては20億ユーロ(二千億円)に達すると見られる。

 Île-de-France圏は何故か災害が少ない地域なのだが、たまにはこういうこともある。

 鉄道も駅が閉鎖されたりして運行が混乱している。フランス人は普段からスト慣れしているので大した問題ではないだろうが、観光客は困っているだろうな。

 

 

 

 

 

 

 

|

« 世界の大学ランキング | トップページ | DVDディスクが取り出せない! »

Paris」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1205954/65873362

この記事へのトラックバック一覧です: セーヌ川水位急上昇:

« 世界の大学ランキング | トップページ | DVDディスクが取り出せない! »