« DFDN男 | トップページ | 歩く その2 »

2016年8月29日 (月)

歩く

 「歩きの極意」を会得したと、内心ほくそ笑んだ。

 意識しなくても足が勝手に前に出る。もう片方の足で地面を蹴る必要もない。いわば、体が勝手に進んでいく感覚なのである。

 もう、一年以上前の話だ。でも、決して勘違いなんかではない。その歩行感覚は三日間も続いたのだから。

 歩き遍路を未だ目論んでいるぼくは、どう歩くのが最も負担が少ないだろうかと、通勤途上日々歩きながら工夫をしていた。

 「丹田で歩く」という言葉が、ある日ふと浮かんだ。

 その天啓のまま歩いてみると、あら不思議、体が滑るように前へ前へと出て行く。

 自分ながら感動した。この感覚を記録しておかなければと、歩きながら表現方法を懸命に考えた。
 けれど、体全体の動きをどのように記述すればよいかが分からない。仕方なく、せめて自分の体にこの感覚を刻み付けておこうと、それなりに五感を働かせながら歩いた。

 翌日も翌々日も同じ歩きを続けることができた。

 何故にたった三日間しか続かなかったかというと、「極意」を感じとったのが水曜日。
 四日目は土曜だった。

 週末のぼくはほとんど動かない。パソコン・ジャンキーなので、ずっとPCの前に座ったまま。だから体はほとんどエコノミー症候群状態になってしまう。

 そんなことで、せっかく会得したはずの「極意」感覚は、その週末二日間でどこかへ去ってしまった。

 実に残念でならない。

 以来ぼくは、「失われたナントカを求めて」みたいに、あの時の歩行感覚を追い求め続けている。

 

 

 

 

 

 

 

|

« DFDN男 | トップページ | 歩く その2 »

健康」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1205954/67149159

この記事へのトラックバック一覧です: 歩く:

« DFDN男 | トップページ | 歩く その2 »