« やっとhotmailを受信できるようになった | トップページ | BBC »

2016年10月23日 (日)

またコケた

 上腕骨近位端骨折で左腕を痛めたのにも懲りず、また左手を痛めてしまった。
 今度は小指の付け根。しかも、またしても、(別の)知人宅で。

 今度は寝ぼけていたわけではなく、敷居に躓いたため。ちょっと急いで、薄暗い中で敷居に気付かず蹴躓いてバランスを崩し、手の甲から落ちた。

 痛みから見て打撲だけでは済みそうにないが、骨折には至っていないだろうと見当を付けた。翌朝傷めた付近が青黒く腫れ上がっていた。骨にひびが入って周囲の組織を傷つけ内出血を起こしたものだろう。

 これくらいなら医者に行かずともよかろう、左手小指が少々不自由でも生活に大きな支障はないと考えた。

 ところが、ですね、わし左手小指って、パソコン操作時にもの凄くよく使うということを忘れてた。Ctrキーを併用するショートカットの多用者なのである。

 Ctrキーは右下にもあるが、コピーだのペーストだの全選択だのは、左手一つでできるので重宝している。そればかりでなく、「A」キーも、和文入力で結構使うということにも気が付いた。

 初めのうちは多少痛くても我慢して左小指を使っていたが、「痛いのを我慢しても何一つ良いことはない」とのリハビリ師の言葉を思い出し、この三週間ほどはむちゃくちゃヘンな指遣いでPCを操ってきた。必然的に視線はキーボードに釘付けとなり、文字入力の速度は格段に落ちた。

 身体のどこかしらが不自由になるたびに、その部位のありがたさに改めて気が付く。
 身体だけではない。当然のこととして享受している今の環境。親をはじめとして、無くなったら困るものってたくさんある。

 

 

 

 

 

 

 

 

|

« やっとhotmailを受信できるようになった | トップページ | BBC »

暮らし、雑感」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1205954/68176891

この記事へのトラックバック一覧です: またコケた:

« やっとhotmailを受信できるようになった | トップページ | BBC »