« 広告ブロックフィルタ | トップページ | 異邦人 Albert Camus, L’étranger. »

2017年1月12日 (木)

PC画面色調設定

 パソコン画面の背景が真っ白だと、目に負担を覚えるようになってきた。ブルーライト軽減を謳うパソコン用メガネを持ってはいるが、ついかけ忘れる。

 どうにかならんかと調べてみたら、Windowsには「ハイコントラスト」という設定があることが分かった。文字と背景の色を変えられるのだ。「デスクトップ」のアイコンのない場所で右クリック→「個人設定」→「テーマ」で選択できる。

 「デスクトップ」の背景色は以前から真っ黒にしておいたのだが、こちらの方は気が付かなかった。

 地を黒、文字を緑にしてみたらだいぶマシになった。この配色には好き嫌いがあるだろう。思えばMS-DOS時代のCRTの画面がこうだった。当時のぼくはこの色合いが好きではなかった。好みが変わったのはトシのせいなのか、スクリーンの輝度が強くなったせいなのか・・・

 良いことばかりではない。配色を変えると、コマンドアイコンやその他、「既読・未読の区別」など見えにくくなるものが出てくる。そういう時は元の配色に戻さなければならない。
 ショートカットキーは、Shift+Alt+PrintScreen (フルキーボードでない場合は加えてFnキーが必要)

 ブラウザの方の配色は別途設定が必要。オプション設定で変更できる。こちらも同様に見にくくなる項目が出てくるので、元に戻さなければならなくなることが時々ある。firefoxの切り替えショートカットキーを知らないので一々マウス操作をしなければならないのは面倒と言えば面倒ではあるが、目の負担の軽減の代償だと思って甘受している。

 

 

 

 

 

 

 

|

« 広告ブロックフィルタ | トップページ | 異邦人 Albert Camus, L’étranger. »

パソコン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1205954/69165528

この記事へのトラックバック一覧です: PC画面色調設定:

« 広告ブロックフィルタ | トップページ | 異邦人 Albert Camus, L’étranger. »