« ちりふ玉は備前焼? | トップページ | 保育園落ちた日本死ね »

2017年5月27日 (土)

ランサムウェア Ransomware

 以前から存在するマルウェアなんだけど、かなりの被害が出たとかで最近ちょいと話題になった。

 感染してしまうと、そのPC内のファイルが暗号化されてしまい、「解除して欲しかったらゼニ払ってね」と要求するコンピュータ・ウィルス。手術ができなくなった病院もあったとか。

 情報を盗み出すマルウェアもかなんけど、こいつはファイルをブロックしてしまう。

 じゃあどういう対策があるのかと言えば、結局感染を防ぐという一般論しかない。
 無闇にリンクを開かない/添付ファイルを開かない、怪しいサイトに近付かないってことくらいかな。

 病院とか企業では、せめてweb接続できるPCは内部のネットワークから切り離しておく方が良い。従業員がこっそりどこへアクセスしているか知れたものではない。

 この手のウィルスは内部ネットワークで感染を広げる。web情報は基本的に再利用が目的だから、完全な防御策とは言えないまでも、気休め+α程度にはなる。

 でも、こいつに感染してしまったらどうしたらいいんだろう。素直にゼニを払うか?払えば元に戻してくれるのか?

 「ランサムウェアに感染したらどうする? 本音で語るランサムウェア被害の復元と対策」というweb記事によれば、こいつの亜種は山ほどあり、種類によっては復号ツールを提供してくれるサイトもあるとのこと。

 結局のところ、こまめに複数のバックアップをとっておくのが一番良い。
 そう書きながら、この五年間、一度もバックアップを取っていない自分に気が付いた 汗)

 

 

============

(以下、私的メモ)

  ransomとはOxford辞書によれば

money that is paid to somebody so that they will set free a person who is being kept as a prisoner by them

 語源は

Middle English: from Old French ransoun (noun), ransouner (verb), from Latin redemptio(n-) ‘ransoming, releasing’, from redimere ‘buy back’, from re- ‘back’ + emere ‘buy’. Early use also occurred in theological contexts expressing ‘deliverance’ and ‘atonement’.

とのことだが、ransoun は見付からなかった。rançonなら

somme d'argent demandée pour la libération d'un captif

 結局同じく「身代金」。

 こーゆー悪さをするのを「マルウェア」と称するが、恥ずかしながら、今までwareとwearを混同していた。

 

 

 

 

 

 

|

« ちりふ玉は備前焼? | トップページ | 保育園落ちた日本死ね »

パソコン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1205954/70687787

この記事へのトラックバック一覧です: ランサムウェア Ransomware:

« ちりふ玉は備前焼? | トップページ | 保育園落ちた日本死ね »