« カエルの楽園 百田尚樹 | トップページ | fr2を再び視聴できるようになった »

2017年6月30日 (金)

日銀の原田泰審議委員、ヒトラーを礼賛(?)

 本記事のタイトルは、ロイター記事のタイトルをあからさま「悪意的」に改変したものではありますが・・・

 「日銀委員、ヒトラーの経済政策を賞賛(Japanese central banker praises Hitler's economic policies)」。出所 ロイター

 このロイター記事を引いて佐々木洋氏は、経済担当のシャハトの政策を「ヒトラーの」と言ったことが誤りだったと言い(10秒で読む日経 2017/06/30 No.3544)、田中秀臣氏は、「日銀の原田泰審議委員はヒトラーを賞賛してはいない。ロイターの記事は誤解を招く」と、ニューズウィーク (2017年06月30日(金)12時20分)に書いている。

 原田委員がどういう場所でどのような意図を持って如何なる文脈の中でそう発言したのか迄は知らないが、ロイター記事の中には、ヒトラーより前に効果的なデフレ対策が為されていればナチス政権は誕生しなかったであろうと日銀委員は言ったとも記している。

 きちんと読めば、ヒトラー礼賛ではないことは分かることになってはいるが、リードと記事前半部分にバイアスが埋め込まれ、その後に本来の意味合いを置くという巧みな文章構成になっている。

 前半部分に以下のような記述がある。

Hitler had taken "wonderful" fiscal and monetary stimulus steps, which in turn led to "something horrible for the world"

 "wonderful"とわざわざダブルクォーテーションで強調しているのは何故だろう。
 原田委員がどう喋ったのか分からないが、それは"wonderful"に相当する日本語だったんだろうか。

 情けないのは、日銀の対応。
 同ロイター記事に拠れば、

A BOJ spokesman said the central bank could not comment as it was not aware of the details of Harada's remarks.

 原田委員の発言根拠に無知であったのか、なんか分からんが、こらーとにかく謝ろなアカンのとちゃうか、どない繕うたらええやろかと、ことなかれでおさめるための時間稼ぎであったのか。

 ヒトラー政権時代に取られた経済政策が確かにドイツの大デフレを救済したものであったなら、ヒトラーという人格をどのように捉えようと、素直に評価すべきであろうし、それが間違いなら、その政策に対する批判を加えればよろしいのではないか。

 それを、「ヒトラー」と冠が付けば何でもかんでも攻撃指弾の対象とする。研究はおろか、その名を好意的な文脈の中で口にすれば非難悪口の対象となるヒステリックな風潮。

 9.11のような洗脳とは手法が異なるが、いずれにせよ「愚衆」コントロールの最たる「成果」の一つとは言えるだろう。

 ロイターの記事は結構信用してきたのだが、今後は気を付けんといかんですな。

 

 


|

« カエルの楽園 百田尚樹 | トップページ | fr2を再び視聴できるようになった »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1205954/71018211

この記事へのトラックバック一覧です: 日銀の原田泰審議委員、ヒトラーを礼賛(?):

« カエルの楽園 百田尚樹 | トップページ | fr2を再び視聴できるようになった »