« ユートピア utopia | トップページ

2017年8月 7日 (月)

EV 電気自動車 は二十年後に欧州を席巻するか

 欧州各国が車の動力を、内燃機関から電気モーターに一気に切り替える方針を打ち出した。

 「コンパクト・ディーゼル」の登場で日本の自動車メーカーが右往左往しているというニュースを目にしたのは、つい二、三年前のことではなかったか。

 窒素酸化物を大量に吐き出すディーゼルエンジンが人体に良いわけがないというのがぼくのかねてからの持論だし、その「コンパクト・ディーゼル」の効能書きが実はウソだったというのがそういったラディカルな方針打ち出しに寄与したんだろうけど、それはさておき。

 もしホントに車の内燃機関方式エンジンを全て電気モーターに切り替えるとすれば、産業構造は大きな変革に直面することになる。

 内燃機関は多数の精密な部品の集合体だ。それが電気モーターに置き換わなら、モーター部に関する限り、新規参入のハードルが大幅に下がることになる。例えば、シリンダー内径とピストン径の精緻な公差など不要になる。写真機の一眼レフが不要になってデジカメに移行するようなものだ。

 部品産業の裾野は決定的に変化することになる。

 もう一つ、ここで最重要になってくるのは、エネルギー源としての蓄電池の技術。

 現在商業的に実用化されている一般的な高密度・高出力エネルギーと言えば、リチウムイオン系のバッテリーだが、これは製造工程も取り扱いもとても難しい。生産設備を倍増したからと言って、単セル使用用途とならともかく、組電池に使える完成品が単純比例で倍増するわけではない。
 (単セル使用用途でも、安全確保のためには製造工程に細心の注意が必要。詳しくは「熱暴走」とか「ばらつき」とかいったキーワードを交えてweb検索されたし)

 リチウムイオンバッテリーは引っ張りだこで、既に需給は逼迫しつつある。なのに、今後の欧州での新車販売全てを賄える蓄電池の供給が二十年以内にホントに可能なのかと訝っていた。

 が、論文段階ではこれを上回るモノができているという記事が目に入った。

 「次世代電池を牽引する、全固体電池開発
(東芝も高性能リチウムイオンバッテリーを持っているらしいが、ぼくにはよく理解できないのでパス)

 上記引用記事をぼくが正確に理解しているわけでは勿論無いが、正極と負極の電解質液を「固体電解質」に置き換えられるとすれば、セパレータ破れによる正極・負極の短絡=爆発の危険性が大きく抑えられることになるのではないか、だとすれば、巨大爆発事故を避けられる可能性があるのではないかという希望が持てる。

 自分が理解できていない技術のことをあれこれ賢しらに語っちゃいけないんだろうけど、ニッサンとテスラの合弁プロジェクトはどうなるんだろうとか、実用化は目前と言われて久しい燃料電池はどこへ行ってしまったんだろうとか、この方面への興味は尽きない。

 

|

« ユートピア utopia | トップページ

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1205954/71325145

この記事へのトラックバック一覧です: EV 電気自動車 は二十年後に欧州を席巻するか:

« ユートピア utopia | トップページ