« 2017年8月 | トップページ | 2017年10月 »

2017年9月

2017年9月15日 (金)

北朝鮮のミサイル

 北朝鮮がミサイルを発射したり核実験したりすると、日本のマスコミはなぜ今日にでも日本が攻撃されるような騒ぎ方をするんだろう。

 核兵器なんて、米国を筆頭にイスラエルだって、パキスタンに至るまで持っている。なぜ北朝鮮が核兵器を持ってはいけないのだろう。彼らが大量破壊兵器を持つことを推奨つもりは毛頭無いけど。

 もし北朝鮮が日本やその他の国を(核兵器を含め)先制攻撃したいのだとすれば、その結果何を得ることが目的となるのだろう。仮に日本列島を焦土化したいのだとすれば、それで彼らが手に入れられるものは何なんだろう。米軍に被害が及ぼうものなら、即フルボッコになるのは必定なんだし。

 日本のマスコミが過剰に騒ぐ理由があるとすれば、「あそこの指導者は何をするか分からん!」という思考停止のヒステリーに耳目を集めてしばしの日ゼニを稼ぐ算段しか見当たらない。

 それとも、「だぁからー、わが国も防衛施設をもっともっと拡充せんと」というプロパガンダの一環?

 後者の場合、「だぁからー、高性能の兵器を米国からもっともっと買い入れなぁアカンでしょうが」という流れになってしまいそう。

 「由々しきことである」と眉をひそめてコメントする「知識人」たちは、米国の軍事産業輸出の片棒を担ぐセールスマンではなかろうか・・・とは言い過ぎかな?

 北朝鮮の「脅威」に「経済制裁」を強化するとの流れに日本国政府も同調している。

 本来、支那事変でしかなかった事態が太平洋戦争へと発展した根本要因は何であったか。

 ABCD包囲網で原油の供給を絶たれてしまい、最早このままでは・・・と、無謀を承知で窮鼠猫を噛む挙に出たためではなかったか。日本占領軍総司令官マッカーサーですら、上院議会で日本が太平洋戦争に打って出たのは理由のあることだったと認めている。

 中共や韓国が日本を非難する常套文句「歴史に学ばない」。彼らが言う方向とは別に、そういう素質がわが国の為政者にあるような気がしてならない。

 北朝鮮なんかより、日本という国土も国民も全てなくなってしまえば、太平洋方面に自由に覇権を広げられるという目論見を持っている国がすぐ傍にあることに注意する方がずっと重要だと思うんだけど。

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月10日 (日)

蜘蛛の糸 考

 今昔物語などを下敷きにして素晴らしい作品を多数残した芥川龍之介であるから、「蜘蛛の糸」に原型があると言われても驚くには当たらないが、Paul Carusなるドイツ人がが米国で発表した"Karma: A Story of Buddhist Ethics"の中のKarmaという部分が原型らしいと聞けば多少の興味も湧いてくるし、それを翻訳して「因果の小車」という題で日本に紹介したのがあの鈴木大拙だということになればなおさらである。

 ”Karma”は45ページ程の話で、第五章(初版は章分けされていなかったらしい)のタイトルが“The Spider-Web”とそのものずばり。この章での主人公の名もKandataとあるから、これに着想を得たのだろうと考えるのは理にかなっている。

 もっとも、地獄に堕ちた魂を「葱」だとか「腐った人参」だとかで救いあげようとして不首尾に終わるという類似の話は、ロシアや南欧の伝承に幾つもあるらしい。ドストエフスキー「カラマーゾフの兄弟」の中の「一本の葱」という挿話にも類型があるようだ。

 余談だが、このKarumaをトルストイがロシアで紹介し、それが翻訳されて欧州にトルストイ作として広まったらしい。Carus は第三版の序文でわざわざ、A few translations were made without the author's knowledge.・・・A Russian translation was made by Count Lee Tolstoy, who recommends the story to his countrymen and ・・・と記している。(ぼくが確認したのは第六版)

 “The Spider-Web”は粗筋に要約してしまえば芥川の「蜘蛛の糸」と全く同じなのだが、説教臭さが背景に遠のいている芥川の方が断然良い。

 日本人なら「蜘蛛の糸」を誰もが賞賛するはずだとずーっと思い込んできたのだが、そうでもないらしいことをこの度初めて知った。

 楠山正雄なる御仁は「この童話にも,どこか西洋人の作者の書いた東洋の物語といった感じがする」と評しているそうだが、その論を読んだことがないので根拠がぼくにはよく分からない。小松左京に至っては同名のパロディがあるらしい。wikiによれば、カンダタは無事極楽に上りおおせ、お釈迦様が地獄に堕ちてしまうと言う話だそうな。

 他にも、芥川の「蜘蛛の糸」は冒頭と結末に矛盾があるという批判もあるらしいのだが、ぼくにはその論拠がよく分からない。

 一つ推測するなら、批判する人々はお釈迦様を唯一神教のGODと混同しているのではないかということ。

 “Karma”にしてもその他各国に残る伝承にしても、カンダタ的人物(魂?)は神に救いを求め、「人参」とか「葱」を差し出されるのだが、それが途中で千切れてしまってまた地獄に戻るという筋立てになっているようだ。

 対して芥川の「蜘蛛の糸」では、「御釈迦様は極楽の蓮池のふちを、独りでぶらぶら御歩きになっていらっしゃ」ったところ、たまたま地獄の底にカンダタという男が他の罪人と一緒に蠢いている姿が目に止まった。この男は生前蜘蛛を助けたことがあると「御思い出しになり」蜘蛛の糸を垂らすのである。

 Help me!という叫びへの呼応ではない。
 各国の伝承をつぶさに読んだわけではないが、ここが他の伝承と大きく違っている部分だと思われる。

 救いを求める声に応じて手を差し伸べながら結局「アンタの自己責任だからね」と突き放したんだと芥川の作品を読むなら、やりきれない思いは残るだろう。

(この項続く)

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年8月 | トップページ | 2017年10月 »