« 蜘蛛の糸 考 | トップページ | 小学校の英語教育 »

2017年9月15日 (金)

北朝鮮のミサイル

 北朝鮮がミサイルを発射したり核実験したりすると、日本のマスコミはなぜ今日にでも日本が攻撃されるような騒ぎ方をするんだろう。

 核兵器なんて、米国を筆頭にイスラエルだって、パキスタンに至るまで持っている。なぜ北朝鮮が核兵器を持ってはいけないのだろう。彼らが大量破壊兵器を持つことを推奨つもりは毛頭無いけど。

 もし北朝鮮が日本やその他の国を(核兵器を含め)先制攻撃したいのだとすれば、その結果何を得ることが目的となるのだろう。仮に日本列島を焦土化したいのだとすれば、それで彼らが手に入れられるものは何なんだろう。米軍に被害が及ぼうものなら、即フルボッコになるのは必定なんだし。

 日本のマスコミが過剰に騒ぐ理由があるとすれば、「あそこの指導者は何をするか分からん!」という思考停止のヒステリーに耳目を集めてしばしの日ゼニを稼ぐ算段しか見当たらない。

 それとも、「だぁからー、わが国も防衛施設をもっともっと拡充せんと」というプロパガンダの一環?

 後者の場合、「だぁからー、高性能の兵器を米国からもっともっと買い入れなぁアカンでしょうが」という流れになってしまいそう。

 「由々しきことである」と眉をひそめてコメントする「知識人」たちは、米国の軍事産業輸出の片棒を担ぐセールスマンではなかろうか・・・とは言い過ぎかな?

 北朝鮮の「脅威」に「経済制裁」を強化するとの流れに日本国政府も同調している。

 本来、支那事変でしかなかった事態が太平洋戦争へと発展した根本要因は何であったか。

 ABCD包囲網で原油の供給を絶たれてしまい、最早このままでは・・・と、無謀を承知で窮鼠猫を噛む挙に出たためではなかったか。日本占領軍総司令官マッカーサーですら、上院議会で日本が太平洋戦争に打って出たのは理由のあることだったと認めている。

 中共や韓国が日本を非難する常套文句「歴史に学ばない」。彼らが言う方向とは別に、そういう素質がわが国の為政者にあるような気がしてならない。

 北朝鮮なんかより、日本という国土も国民も全てなくなってしまえば、太平洋方面に自由に覇権を広げられるという目論見を持っている国がすぐ傍にあることに注意する方がずっと重要だと思うんだけど。

 

 

|

« 蜘蛛の糸 考 | トップページ | 小学校の英語教育 »

ニュース」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1205954/71731349

この記事へのトラックバック一覧です: 北朝鮮のミサイル:

« 蜘蛛の糸 考 | トップページ | 小学校の英語教育 »